タグ「 耐水 」の記事

2件の投稿

コップやスプーンなどの耐水性が求められるプラスチック製品には耐水お名前シールがおすすめ

洋服や持ち物の名前つけはお名前スタンプが一番早い。でもプラスチック類はすべってしまってうまく押せない。ステーズオンなどの耐水インクでも洗うと剥げやすい。
これらに力を発揮するのが耐水のお名前シール。

「お名前シール 耐水」で検索するとA-oneやサンワサプライ、エレコムなどの他、色々な会社から出ているのが見つかります。

耐水お名前シール

これはA-oneのもの。用紙のサイズははがき大。ラベルの大きさは色々あります。スプーン・フォーク(もしかして箸も?)記名なら小さーいサイズが必要。大きいの1つ買ってカットして使っても良いかも、ですが。(カットして使う場合、角を丸く切り落とすと剥がれにくくなります。)

A-oneにはソフトのダウンロード不要でブラウザでできるお名前シールプリントオンラインウェア「ラベル屋さん」というのがあり、型番から紙を選んで豊富なテンプレートからお名前シールをプリントできます。ワンポイントのイラストが入れられたり、かわいい枠を付けたりできるのでデザインに自信のない方でも人と違ったものが作れます!

ただ私の現在の環境ではズレたりFlashがクラッシュしたりで使い勝手が・・。なのでAdobe Illustratorでガイド枠を地道に作り、それをプリントしています。なんたってレイアウト自由だし自分で描いたイラストも入れられるし!本職の方以外は使わないと思いますが、そのうちIllustratorのガイド入りテンプレートファイルをダウンロードできるように置いておきます。

耐水のお名前シールを探す→

◆テンプレートダウンロード(Adobe Illustrator version8)
A-one 29347 お名前シール 8面 水に強い光沢白無地フィルムタイプ[zip]
A-one 29356 お名前シール 多面付 水に強い光沢白無地フィルムタイプ[zip]
 ※ダウンロードされたファイルにより発生したいかなる不具合にも対応いたしかねますのでご了承ください。
 ※再配布は禁止します。

Share Button
マスキングテープの例2

マスキングテープ(通称マステ)はぜひ準備してください。
ホント役立ちます。

・まず、手でちぎれてぺたっと貼れる。男の子なら車や汽車の模様のマステ、女の子なら花やリボンの模様のマステを貼ればすぐに“自分のもの”だと区別できる。
・上からマジックで字が書ける。セロテープだとインクをはじきますがマスキングテープなら書けます。直接書きたくないものにはマステをぺたっと貼って記名。
・粘着力もかなり高く、布やガラスでも貼れる上に剥がし跡がほとんど残らない。朝、『今日は新しいこの服着ていこうね。あ、名前書いてないー!』て時、でも直接は書きたくはない時に。マステをぺっと貼ってさっと記名。一日くらいなら大丈夫です!
・ある程度耐水性もある。元々が塗装がつかないようにマスクする(覆う)ためのものだから、水や油ですぐに剥がれることがありません。(さすがにコップやお弁当箱など、水洗いするものだと剥がれやすい。)
・ノートや持ち物をデコるのにも使える。息子には『線路模様のマステ』が、娘には『レース模様のマステ』が人気で、ぬりえノートや文房具箱に貼って自分のものだと分かりやすくしています。

あまりに便利すぎて、マスキングテープに名前を書ける道具もあってかなり人気。ていうか欲しい。

マステのラベルプリンターといえばこはる、だったんですが、テプラからもマステ対応のラベルプリンターが出てるらしい。しかもカモ井のmtだって?!

さらにリボンもあるの?!フチがなみなみになってたり、ステッチ模様があってふつうにリボンとしても合格。

これは欲しい・・・でも・・・自作のリボンタグもマステもいっぱい揃ってるしなあ。

今持っているのを使い切ったら考えよう。

あまり模様の入っていないシンプルなタイプがあると、上から名前を書くのに重宝します。うちでは息子と娘用にオレンジとブルーのこの2つを愛用。

マスキングテープ

マスキングテープは100均でも買えますが、粘着力や跡残りのしづらさ力は落ちます。

マスキングテープの例1

私のマステコレクション。マスキングテープだけでなく布製・紙製のテープも混じっていますが。道路や線路のマステはミニカーや機関車遊びにも役立ってます。

マスキングテープの例2
レース模様はマステでなく紙テープですが、何に付けても可愛いです!園との連絡用ノートの縁に貼ったりしています。マステでなく紙や布製のテープ(シール)は透けないのでデコ用に重宝します。娘持ちならぜひ色柄違いで幾つか持ってると色々使えます。はがれ防止に、幅広透明テープなどを上から貼っておきましょう。
ノート全体を覆うには、透明保護フィルム(カバーフィルム)などを貼りましょう。

とりあえず箱にずらっと入れてしまってますが、転がったりしてすぐぐちゃぐちゃになって使いづらい・・・。そろそろちゃんとテープホルダーが欲しい。

Share Button

TOP

PAGE TOP