タグ「 女児 」の記事

8件の投稿

手作りおもちゃ指輪

台付き指輪をネットで仕入れたらあとは100均で道具が揃います。時間のある時に作っておけば、ちょっとしたプレゼントやバザーに役立ちます。

【材料】
指輪(台付き)アレルギー心配のないプラスチック製がおすすめ

飾り用にビーズ、リボン、花等(100均で入手可)
グルーガンとグルースティック(大量に作るには手軽です・100均で入手可)
エポキシ接着剤(より強力接着なのでおすすめ・100均で入手可)

指輪は「台付き指輪」・「指輪 土台」などで見つかります。台部分が大きいほうが飾りをしっかり接着できるのでオススメ。
飾りは手芸材料のリボンやオーガンジーの花、パール風ビーズ(穴があるのでちょっと気になりますが…)、プラスチックのバラの飾りなど100均でも手に入るもので色々作れます。(写真中、雪の結晶は足付きボタンの足部分だけをニッパーで切り取ったものです。100均ではありません。他は全部100均。)
どの台にどの飾りを載せようか?考えるのはホント楽しいです。

DSC_8294

初めはグルーガンでどんどん付けていきましたが、ビーズやプラスチックのバラなどは娘が試着してるとすぐに取れてしまいました。リボンやオーガンジーの花など布製のものはグルーガンでも取れにくかったです。
なので飾りがプラスチック製のものは、強力接着剤である2液混合タイプのエポキシ接着剤(100均でも入手可)で付け直しました。娘が使っていて、よほどぶつけたりしたら取れちゃいますが、普通に気を付けて使えばそう取れません。
エポキシ接着剤は2液を混ぜて使う必要があり、硬化にも時間がかかるし匂いもキツいのでお手軽とは言えませんが、すぐに飾りが取れてしまっては子供もかわいそうなのでなるべくこちらをおすすめします!

DSC_8295
娘のお気に入りは雪の結晶。「エルサみたい!」と喜んでくれています。

お気に入りでよく使うからか、とがった部分がどこかに引っかかりやすいのか、よく土台から外れてしまいます。なのでこんな風に接着剤てんこもりでくっつけました。これでも上からはあまり見えません。この状態にしてからはまだ取れていません。
エポキシ接着剤

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぷっくり台付き指輪【小】 4個セット[13143] [KAL]
価格:132円(税込、送料別) (2017/9/21時点)

せっかくなので指輪を入れる台も作りました。といっても、お菓子の空き箱にボール紙で波型をつくり、布をかぶせただけ。
スポンジに切り込みを入れ、布をかぶせるのもいいでしょう。スポンジも100均で揃えておけますね。

Share Button

女児のメッシュタイプの上履きにデコってみた

女児用上履きデコ

メッシュ上履きへの女児用上履きデコ

以前のがサイズアウトしたので新しい上履きを用意し、さっそくデコることに。
今回は汗かき娘のためにメッシュの上履きをセレクトしたので、今までのような転写シートによる模様付けが出来ない!

なので、100均の手芸用品や手持ちのレースでデコることにしました。
100均のバラモチーフとピンクのレースを縫い付けました。バラモチーフはボンドで留めてあるだけのものが多く、ほどけやすいので、根元をしっかり上履きに縫い付けました。これなら上履きを洗う時に浸けおき洗いしても大丈夫だし(はがれる心配はないし、色落ちもそれほど不安はない)、今までのアイロン転写シートに比べたら気にせずゴシゴシ洗える!時間のない時は浸けおきだけでもいい!
イフミーは幅広・甲高のうちの子に合うし、メッシュで汗かきにも対応だし、これからはイフミーにしようかな。

Share Button

はぎれを利用してリボン作りました。今回は指輪にしてみました。

はぎれで何か作ろうと思いたち、リボンにすることにしました。
レースとはぎれのリボン
レースは端と端を合わせて縫い、中央に別布でくるみました。イチゴ柄のはぎれは、裏に接着芯を貼り、中央はM字に折りたたんで布をくるみました。

さて、出来たリボンはどうしよう・・
レースリボン指輪
布で指輪を作ってみよう。
デカリボン指輪
でか!これはやっぱりヘアアクセに変えようかな(笑)リボンを取って指輪だけでもかわいいので。

綿麻はぎれ指輪
よく見えませんが、中央に小花のプリントがある布を指輪にしました。

布の指輪ですが、つけごこちは悪くないのですが外すときにかなり外しにくいです。特に子供は汗っかきなので・・あまり付けてくれませんでした。(;_;)
サイズをゆるめに作っておけば大丈夫かな。

はぎれでリボン作り方

イチゴ柄はぎれのほうは、あらかじめ裏に
不織布接着芯厚手を貼っておきほつれ防止。こんな形で布をカット。

リボンの中央を山が3つになるようにしわを寄せて折ります。横から見るとM字っぽく
なります。(写真のは真ん中の山を端の山より低くしましたがこの辺はお好みで。)

ベルト部分を用意します。端(ここでは左端)に両面アイロンテープを
おき、好みの幅になるように三つ折りしてアイロンで接着します。

リボンの中央にベルトをくるっと巻いて、裏側でベルトをまつり縫いして完成。
裏に接着芯を貼っているとはいえ、このままだと布端が少々ほつれてしまうので縁に木工用ボンドを塗ったり、デコパージュ液を塗ったりするとよいです。

デコパージュ液については上履きデコパージュをみてください。
リボンが固くなってしまいますが、表面全体にデコパージュトップコートを塗ってツヤを出すのもいいと思いますよ!

Share Button

はぎれが出たら是非リボンを作りましょう!共布のリボンは飾りに最適です

小リボン集合

<写真の出来上がりサイズと生地>
出来上がりサイズは次の図の通りで、リボン幅7cm、リボン高さ5cm、ベルト幅2cm、ベルト高さ1.5cmです。
生地は右上のイチゴ柄は女児用エプロンの残りで綿ブロード、キルト芯は入れていません。
他の3つは綿ガーゼで、キルト芯代わりに白い綿ガーゼを入れています。

ribbon_01

<出来上がりサイズから布サイズを計算する>
リボン幅 (a)、リボン高さ(b)、ベルト幅(c)、ベルト高さ(d)とすると、

リボン布の幅=(a)+2cm、リボン布の高さ=(b)×2+2cm、
キルト芯等の幅=(a)+2cm、キルト芯等の高さ=(b)
ベルト布の幅=(c)×2+1cm、ベルト布の高さ=(d)×2.66666+2cm
(2.6666は、2/3×4という計算。適当なので深く考えないでください…)

自動計算器作っておきました。

1)出来上がりサイズから必要な布サイズを計算する

リボン出来上がり図

aリボン幅

bリボン高さ

cベルト幅

dベルト高さ

※単位は省略していますがcmの想定です。

※結果がNaNになる場合はエラーです。全角数字を使ってないか確認してください。

ribbon_12

Aリボン幅

Bリボン高さ

ribbon_13

A’キルト芯幅

B’キルト芯高さ

ribbon_14

Cベルト布幅

Dベルト布高さ

ぬいしろ1cmずつとして計算しています。

※極端に大きいまたは小さいサイズの場合、この計算ではうまくいかない場合があります。
※厚みのあるキルト芯を使う場合は布地を一回り大きくカットしてください。
※厚みがある生地、薄すぎる生地でも仕上がりが変わってくると思います。適宜調整してください。

キルト芯は入れるとふっくら仕上がります。薄手の物で大丈夫です。キルト芯まではいらない…という場合でも、薄手の生地の場合はガーゼなどを入れると、生地に適度なハリとふっくら感が出てリボンらしくなります。逆に厚地やしっかりした生地の場合は、キルト芯を入れてもあまりふっくら感が出づらいので入れなくてもいいでしょう。

リボンの型参考図

大きい羽はリボンの高さ(b)を大きくして、ベルトを小さく。今風ですね。
ずんぐりさせるとクラシカルな印象。リボンの大きさは見本と同じで、ベルトを太めに、長めにします。
丸型は、リボンの両端を縫うときにまあるく縫います。厚めのキルト芯を入れてふっくらさせると良く合います。

【作り方】

1)リボン布を中表にして二つ折りし、点線を縫います。中央に返し口を3〜4cm残します。
次に、縫い目が中央にくるように布をたたみ、アイロンでぬいしろを割ります。(図では返し口が分かるようにすきまがあいていますが、実際にはぴったり閉じるようにアイロンをかけてください。)
ふんわりリボンに仕上げるには、ぬいしろのみにアイロンをかけ、両端はアイロンが当たらないようにします。

リボンの作り方 手順2

2)ぬいしろがあるほうの反対側にキルト芯をおき、両端を縫います。
この時、端ギリギリまで縫わないで1〜2mm縫い残し、また最後の一針はやや内側にもってくると表に返した時に角がふんわりします。角丸なリボンにしたい場合は思いっきりカーブを丸く縫います。
また、ぬいしろがあるほう(裏側)の布が表側の布より外側に出るようにして待ち針で止めておき、表側の布がたるみ気味、裏側の布がつれ気味にして縫うと、表に返した時に端の縫い目が裏側にくるのでよりきれいに仕上がります。
縫い終わったら、角はぎりぎりで布を斜めにカットします。

リボンの作り方 手順3

3)返し口から表に返し、返し口をまつり縫いします。角は目打ちで突いて出します。
※角は出しすぎず、柔らかい角に仕上げるほうがいいです。

リボンの作り方 手順4

4)リボンの中心部を、横から見るとM字になるようにたたんで糸をゆるめにして軽く縫いとめておきます。

リボンの作り方 手順5

5)ベルト布を図のようにたたみ、重なった2枚のみをざっくりなみぬいしておきます。

リボンのベルト部分の作り方

6)ベルトを中表にして両端1cmのところを縫います。
ベルトを表に返し、輪の中にリボンをくぐらせます。ベルトのぬいしろ側とリボンの裏側を同じ側にします。

リボンの作り方 手順7

7)ベルトとリボンを数カ所まつりぬいします。

リボンのパッチン留め

100均で買えるパッチン留めにリボンを縫いつけたもの。ブローチ台につけたら、帽子や上履きにさっと付けられて目印にもなります。リボンは何個あってもいいのではぎれが出たら作っておきましょう!

リボンの飾り案

アレンジとして、レースを重ねたり、リボン結びの時にできる垂れ部分を付けたり(ひもやレースをベルト部分に通して縫いつける)、真ん中にレースをコサージュ状に付けたり。
シンプルなTシャツに1つ付けるだけでガーリーになるリボン。はぎれは捨てずに是非リボンを作ってください!


あんまり可愛くないグレーのズボンにリボン付けてみました。

Share Button

カトラリーケース作りました。作り方の図入り説明あり。お持ちの食器に合わせたサイズで作れます。

お弁当箱とお揃いです。形は色々考えたのですが、(観音開きやランチョンマット型でぐるぐる巻き等が候補にありました)子供にとっての出し入れしやすや、洗濯しやすさ、乾きやすさ等でふた付きポケット型に落ち着きました。)

カトラリーケースふたを開けてみる

カトラリーケースふたを閉じた

表布に接着芯を貼ったほうがよかったな。厚めのキャンバス生地(綿麻)だったのでハリがあると思ったけれど、もう少ししゃきっと感が欲しかった。ぶつかってがちゃがちゃ鳴るのが嫌ならキルト芯を入れても。ただ厚みが出ると乾きづらいので、その辺は好みとさじ加減で。

カトラリーケースふたを完全に開ける

カトラリーを入れるところは3つに分けるため、赤い糸でステッチ。

カトラリーケース入れ口アップ

ポケット部分に綿レースを縫い付け、ゴムテープをはさんで縫いました。カトラリーの入れ口を縫い残しておき、表に返したらまつり縫いしています。

カトラリーケース裏側

裏はこうなってます。

カトラリーケースふたをずらすとこんな感じ

平ゴムもはさんだので、フラップ部分を留めることができます。かわいくない(笑)白の平ゴムです。
ふたの折り返し部分はアイロンでぎゅっと折り目をつけただけですが、端にミシンで縫いとめたほうがぴたっと締まります。(なるべく乾きやすくしたかったので省きました。)

カトラリーケースの作り方

1)入れるカトラリー(箸、フォーク、スプーン等)を並べて、それぞれ約1cm程度の幅(ゆとり)をあけて必要な横幅を決めます(a)。長さは一番長いカトラリー(たぶん箸)にゆとり1cmプラスした長さ(b)にします。
ポケットの長さは柄の長さ+1cm程度のゆとり(c)。蓋の長さはポケットの長さの半分くらいでもいいし、すっぽり全体をおおえる長さでもOK。

<参考:写真の出来上がりサイズ>
長さ(b)17cm、幅(a)8cm、蓋13cm、ポケット(c)10cm

cutlery_case_01 cutlery_case_02

2)表布(接着芯も)、裏布を同サイズで裁ちます。
ぬいしろは1cmずつなので、幅と長さともに2っcmずつ足してカットします。
ポケット部分と蓋部分の折り返しに印をつけておきます。
表布には接着芯を貼っておきます。

cutlery_case_03

3)表布の表側にポケット部分に蓋をとめるためのゴムを重ね、両端を縫いとめます。ゴムの位置はポケット長さ(c)の1/3くらい。

右図は出来上がり参考図。蓋をポケット長さ(c)の半分にした場合。ゴム位置はポケット長さの1/3よりやや上がいいので、布の端からcの1/3弱+1cm(ぬいしろ)にします。
ポケット部分にレースや山道テープなどをつけたい場合はこの段階で縫い付けておきます。

cutlery_case_04

4)アイロンで図のように折り目をつけます。(蓋部分はまだ折らなくてOK)
蓋部分にレース等をつけたいなら図のように縫い付けておきます。

cutlery_case_05

5)図のように2枚を中表に合わせます。

cutlery_case_06

6)ぬいしろ1cmでポケット下部分を残してミシン。ポケットと逆側(蓋部分)の角はまるっこい角にしたければカーブに縫います。角は縫った後にぎりぎりで布をカットしておきます。

cutlery_case_07

7)ぬいしろを折ってアイロンをかけます。裏も同様に。

8)縫い残したポケットの下から表に返します。

cutlery_case_08

9)ポケット口を手でまつり縫いします。

cutlery_case_09

10)カトラリーを仕切る線をステッチします。

cutlery_case_10

完成。

<カトラリーケース留め方アイディア>

蓋のとめやすさ(子供が使う時に)を考慮して、ゴムひもをはさむことにしましたが他にも案があったのでご紹介します。

cutlery_case_11

・スナップボタン(位置によっては留めにくい?)
プラスナップ(同上)
・マジックテープ(これが一番簡単で使いやすいでしょうね)

cutlery_case_12

・ボタンとひもループ
・脇にひもやリボンをはさみ、前で結んで使う
・ひもをぐるぐる回してトグルボタンで留める
etc..

Share Button

ノースリーブに手縫いでフリル袖を付け、通園OKに。

ノースリーブの服がいっぱいあったのですが、保育園はノースリ禁止。家でしか着れないのはもったいないので、てきとーに袖をつけて保育園に着ていけるようにリメイクすることに。
袖ぐりにぐるりと付けるとサイズを合わせたりが難しいので、ハーフサイズにして更にギャザーを寄せることでぐいぐい縫い付けるだけでOKにしました。

型紙ありますがとにかくテキトーなので、幅と長さを参考にして、あとは布を直接裁っても大丈夫です。カーブのきつい方にギャザーを寄せます。
イメージとしては、袖ぐりの半分の長さに袖をつける感じ。ギャザーを寄せるのでその1.5倍の長さにします。(袖ぐりが26cmとしたら、13cmの長さにするので1.5倍の19.5cmの長さの布を用意します。)
幅はお好みで。型紙はぬいしろ込みで5.5cmなので、出来上がりがだいたい3.5cmになります。

ダブルフリル袖

ひとまわり小さいサイズのも作って、ダブルフリルにしました。

ダブルフリル袖アップ

本当は、最初に作ったフリル袖が小さすぎたのでその下にひとまわり大きいサイズ(型紙のサイズ)のを重ねたのでした。

フリル袖の付け方

1)型紙とおりに布を裁ちます。
2)カーブの緩いほうは三つ折りにしてなみ縫いかまつり縫いします。カーブのきつい方は、二つ折りにしてぐし縫いし、ギャザーを寄せて仕上がり寸法(型紙では14cm)にします。
3)袖に縫い付けます。
手縫いで1時間弱で完成しました。

◆フリル袖型紙ダウンロード(PDF)

フリル袖型紙[pdf:300kB]
 ※ダウンロードされたファイルにより発生したいかなる不具合にも対応いたしかねますのでご了承ください。
 ※再配布は禁止します。

Share Button

娘用のエプロンをやっと作った。ポイントとコツをご紹介。

娘用のエプロンはフリルたっぷりなので息子用の3倍は時間がかかる・・・

三角巾のフリルをつけたところ

右側にフリルをぬい付けたところ。このあと生地を中表に合わせてバンドをはさんで縫います。

三角巾フリルアップ

角部分にはフリルのギャザーをたっぷり取っておかないと、表に返した時に足りなくなる。

三角巾、幼稚園、保育園

三角巾の完成、写真は上部分。

三角巾完成図

バンド部分の作り方は男児用エプロンを参照してください。

三角巾、幼稚園、保育園

前部分にはタックを寄せました。あとでトーションレースを縫い付ける予定。

エプロンはまずポケット作り。ポケットは別布にしました。

エプロン、園児、ポケット

厚紙で型紙を取り、ポケットのカーブをぐし縫いし、厚紙を当てて縫い絞り、アイロンを当てます。

エプロンのポケット作り

エプロンのスカート部分にポケットを縫い付けます。ポケット口にはゴムを通してくしゅっとさせ、レースも付けました。
きれいなカーブを出すのって難しい・・

エプロンにポケットを縫い付けたところ

ポケットを付け、裾にフリルを縫い付けてスカート部分の完成。

エプロンのスカート部分完成

胸当てと肩ひも。肩ひもは男児用エプロンと同様に中央部に幅広ゴムを入れて頭をくぐらせて着られるようにしたのですが、出来上がってみると頭にくぐらない・・頭が大きすぎたゴムの長さが足りなかったようです。
そこで、肩ひもの先に丸ゴムを輪っかにして留め、胸当てにくるみボタンを付けて、丸ゴムをボタンに掛けて着てもらうようにしました。

エプロン完成

腰ベルトもポケットと同じ別布にしました。

女児用エプロン、手作り
この写真の後に、三角巾のタックにトーションレースを縫い付けたり、エプロンの肩ひもは胸当てにつけたくるみボタンに丸ゴムを引っ掛ける仕様に変更したりしました。
フリルやレースを付けるのは手間だけど、見てるだけでテンションあがる!

娘は当時3歳半、94cmです。腰ひもは後ろでしばるタイプにしましたが、1回結ぶことは出来るけれどちょうちょ結びはまだ出来なかったので、もっとひもを長くして前で結べるようにすれば良かったかな。

Share Button

食事時に使う口拭き用のおしぼりタオルにちょっと飾りを付けてかわいくしました。

家に余っていたので昔ながらのチェックのタオルを持っていくことに。
でもあんまりそっけないので、100均で買ったレースをぬい付けました。

おしぼりタオル

レースって付けるだけで華やぎます。

どうせならお気に入りのレースをたっぷり用意して、全ての持ち物に同じレースを付けてあげたかったな。
※綿素材は縮んだりよれたりするので、何度も洗濯するものには向きません。化繊素材を選ぶか、レースの両端を縫い付けてよれを防ぎます。

Share Button

TOP

PAGE TOP