タグ「 女児向け 」の記事

2件の投稿

娘に作ったホビーラホビーレのニーナ人形。髪いじりと着せ替え遊びができます。

ホビーラホビーレのニーナ人形をつくりました

一作目は左。ホビーラホビーレニーナ人形
本来の型紙からアレンジして、胴体と腕を別々に、胴体の底にマチを加え、首を長くして頭に差し込む形にしました。

ニーナ人形お尻にマチ

これは二作目のお尻部分です

胴体型紙をアレンジ
脇は出来上がり線(点線)の位置までぬい、マチはぬい残します。
マチは上下を重ねるようにして、胴体底が楕円っぽくなるようにまつります。

こうすることで、お座りしやすくなりました。しっかり座れるようにするには、重りになる厚紙や銅板といったものを入れると良いようです。

腕は独立させてこんな形にします。
肩のあたりで胴体にぬい付けます。ボタン付けの要領でまつった糸をぐるぐるまいて補強。自由に腕が動かせるようにしました。
腕型紙をアレンジ

頭の後ろ側ダーツの下の方をぬい残し、そこに首の突起を差し込みます。布が柔らかく安定しなかったので首に割り箸を差し込み、首と頭をまっすぐになるように補強しました。

とりあえず試作がてらつくった一作目は、布がガーゼっぽい柔らかい綿(やや伸びるのでいいかな?と思った)のためふにゃふにゃになりすぎました。張りがなさすぎて、綿のでこぼこをすなおに反映しすぎ。ちなみに綿をでこぼこにならずに詰めるのってけっこう難しいです!ニーナ人形作成中

反省点を生かして二作目。
綿ブロードだったかな?目のつまったしっかりした生地です。服が着せ替えやすいようにすべりの良さも重視して選びました。肌色っぽいのがよかったのですが生成りくらいしかみつからず。
一作目と違い、しっかりした生地なので形がしっかりきまります。綿をしっかり詰めると、首も足も安定がいいです。頭はもっとつめればしわしわが無くなるのかしら?
ニーナ人形作成中

一作目で顔が細すぎる感じがしたので、お顔を丸めに変えました。頭と胴体のつけ方はオリジナル通り。腕も胴体と一体型のオリジナルタイプですが親指を内側にしました。ネットで検索して見つけた方法なのですが、この方がおとなしめの印象になりますね。ホビーラホビーレニーナ人形

胴体の底は一作目と同じくマチを付けて、お座りが安定するようにしました。

ニーナ人形お尻にマチ

一作目の髪の毛は娘に選ばせたらピンク(笑)。ちょうどいい太さのがなくてやや細めの綿毛糸。これは髪いじりしてると毛先がすぐほどけてきていまいちでした。
二作目は並太のアクリル。無難に茶色をセレクト。太めのほうがからまりにくくていいようです。髪の量は毛糸の太さによってだいぶ変わるので、量は巻いた毛糸をボリュームをみながら決めたほうがいいです。

ホビーラホビーレニーナ人形

髪の毛の付け方は一作目はオリジナルレシピ通り、二作目は違うお人形の本のやり方にしました。

厚紙等に毛糸をぐるぐる巻き、顔側から頭後ろ側へたらして頭頂部を横にぬいつけていく。また毛糸をぐるぐる巻きにし、頭頂部に横向きにぬい付けます。

nina_03

量は人形の頭にのせてみながら加減してください。

nina_04

このままだとぬい付けた糸やぬい目が丸見えなので覆い隠すために横向きの糸をのせます。nina_05

nina_06本当は、頭後ろ側に1・2段後ろ髪をレイヤーに足してあげたいんですけどね。上のやり方だと2つにくくった時に後ろがハゲ状態になるので・・・
ホビーラホビーレの本には、そんな場合向けの別の髪の毛のつけ方も載っているので気になる方は本をご覧ください。
気軽に作れるボディ完成キットもありますよ。

Share Button

はぎれを利用してリボン作りました。今回は指輪にしてみました。

はぎれで何か作ろうと思いたち、リボンにすることにしました。
レースとはぎれのリボン
レースは端と端を合わせて縫い、中央に別布でくるみました。イチゴ柄のはぎれは、裏に接着芯を貼り、中央はM字に折りたたんで布をくるみました。

さて、出来たリボンはどうしよう・・
レースリボン指輪
布で指輪を作ってみよう。
デカリボン指輪
でか!これはやっぱりヘアアクセに変えようかな(笑)リボンを取って指輪だけでもかわいいので。

綿麻はぎれ指輪
よく見えませんが、中央に小花のプリントがある布を指輪にしました。

布の指輪ですが、つけごこちは悪くないのですが外すときにかなり外しにくいです。特に子供は汗っかきなので・・あまり付けてくれませんでした。(;_;)
サイズをゆるめに作っておけば大丈夫かな。

はぎれでリボン作り方

イチゴ柄はぎれのほうは、あらかじめ裏に
不織布接着芯厚手を貼っておきほつれ防止。こんな形で布をカット。

リボンの中央を山が3つになるようにしわを寄せて折ります。横から見るとM字っぽく
なります。(写真のは真ん中の山を端の山より低くしましたがこの辺はお好みで。)

ベルト部分を用意します。端(ここでは左端)に両面アイロンテープを
おき、好みの幅になるように三つ折りしてアイロンで接着します。

リボンの中央にベルトをくるっと巻いて、裏側でベルトをまつり縫いして完成。
裏に接着芯を貼っているとはいえ、このままだと布端が少々ほつれてしまうので縁に木工用ボンドを塗ったり、デコパージュ液を塗ったりするとよいです。

デコパージュ液については上履きデコパージュをみてください。
リボンが固くなってしまいますが、表面全体にデコパージュトップコートを塗ってツヤを出すのもいいと思いますよ!

Share Button

TOP

PAGE TOP