タグ「 大きい名前つけ 」の記事

4件の投稿

お名前つけの基本は手書き。かわいくみやすい文字を書くコツやアイディアなど

・文字の間隔・大きさを揃えます。

・文字のあき部分の大きさを揃えます。

・文字の上半分を大きく、下半分を小さくすると子供っぽいかわいい字になります。

・文字の形をまるっこくする

・「てん」部分を他の形に変えてみる

・線のはしに●をつけてみる

・○の部分は大きめにする

・わざとすきまをあける

・一部を延ばす

かわいい手書きフォントも参考になりますよ!

もちろんパソコンから印刷するならインストールしておくといいです。

ホリディのダウンロード

ミウラLinerのダウンロード

こども丸ゴシックのダウンロード

あくあフォントのダウンロード

あんずもじ

ふい字のダウンロード

Share Button

大きく名前を書くのはけっこう難しいですがコツはありますよ。

お昼寝用の布団やシーツ、バスタオルへの記名は大きく!と指定されることが多いです。
うちの保育園では50cm×40cmの白い布を渡され、お布団のシーツにはこれを二つ折りにして、布団の裏表どちらにも名前が見えるように縫い付けてください、と言われました。つまり50cm×20cmの布に大きく名前を書きます(裏表2カ所)。

シーツ用お名前布(これは自前の布)

こんなに大きな文字を書くのは難しいです。いきなりマジックで書くとまず失敗します。

まずはにじまず布に名前を書くコツを参照して、布全体をうっすら湿らせておきます。

次に、印つけの道具に書いたサインペン型チャコペン(時間がたつと消えるタイプ)などで文字幅の印をつけて、下書きもしておきましょう。

布は思いのほか油性マジックのインクを吸います。濃く書くには何度もなぞり書きしないとならず、油性ペンは2本以上用意しておいたほうがいいです。(濃く書いておかないと、洗濯を繰り返すとすぐに薄くなってしまう)

丸文字風に意識して書くとかわいい文字になりやすいです。あえて明朝体で書いてみるのもオツかもしれません。

大事なことですが見落としがちなこと。こういったシーツ類の大きなお名前付けは子供が自分で分かるように書くものではなく、主に乳児クラスで、先生や職員がぱっと見て分かるためにつけるのです。
なので、デコりすぎて文字が読みにくかったり、かわいい薄いピンクの文字で(薄くて読みづらい)・・・というのは先生の業務の妨げになってしまいます。第一目的の「名前がはっきり読みやすい」を満たしましょう。

手書きの字に自信がなければ、お名前ワッペン(ひらがなワッペン)を貼り付けるのが手軽です。
アイロン接着タイプが多いですが、糸で数カ所まつっておくとはがれにくく、長持ちします。

Share Button

やや大き目のお名前タグの作り方

お食事エプロンにはやや大きめの名前タグを付けたかったので、専用の布を探しました。

やや大きいお名前つけ布

13cm×5cmくらいの布です。(折りしろ付きカットサイズだと15cm×7cm)
4辺の約1cmをアイロンで折ってエプロン等に縫い付けます。大きいのでお名前スタンプでは間に合わず、油性マジックで名前を直書きします。(布に名前を書く時のコツはこちら→

娘用の布
毎日洗濯をするため、綿だと布がたわみやすいので麻の布を選びました。
娘用にはキラキラが入ったリボンとドイリーのプリント入りの布。
(ただし洗濯によりだんだんマジックの文字が薄くなるため、地色がグレーっぽい麻は文字が目立ちにくくなってきました。)

やや大きいお名前つけ布の裏

男の子向けに車や機関車のプリント麻地があれば良かったけど、見つからずボーダー柄に。
なんとなく2人のものに統一感が欲しいのだけれど、同じ系統で男の子向け・女の子向け両方でかわいいのってなかなか見つからない。─でも、これかな?これもいい!と布を探すのってホント楽しい!

ただ、麻はどうしても暗い色味なので、マジックで書いた名前はどんどん薄くなることもあって、名前が目立たなかった・・。お名前つけはとにかく名前がハッキリ見えることが一番大事なので、デザインがどうとかよりそこを優先したほうがいいです。特に子供が自分で持ち物を管理できない乳児の間は。

お名前つけはくっきり・はっきりが大事

保育園ではお食事エプロン用に一日3枚必要だったので(朝おやつ・お昼ご飯・午後おやつ分)、最低の洗い替えとして2日分が必要。型紙15cm×7cmで110cm幅の生地だとして、もし10cm長さを買えば7枚分の名前タグが作れる。できれば予備にもう少し欲しいし、余ったら夏場の水遊び用のバスタオルのお名前つけにも使える。20cm長さを買えばなんとか7枚×3=21枚作れる!(計算上は長さが1cm足りないけど、布を買う時にはやや大きめに切ってくれるから大丈夫)

やや大きめのお名前タグカット図

20cmでいいなら、少し高めの布でも選択肢に入る♪
ただし模様が派手すぎると名前が目立たなくなるので控えめで明るい色の地を選んだ方がいいです。

エプロンやタオルに縫い付けるのは、ミシンがあればダダダッとそのまま。または縫い代をアイロンで折る時にアイロン両面接着テープ(熱接着)をつけてギュッと熱接着すれば、あとは手縫いでざっくりすればOK。

やや大きめのお名前タグ端処理方法

太めのカラー糸でざっくり縫い付けるのもステッチが効いてかわいいです!

エプロン用ネームタグ使用後

使用前はピシッとしていた麻生地ですが、毎日の洗濯を1年以上繰り返すとこのようにたわんでしまいました。名前部分は接着芯を貼っておけば良かったかも?

食事エプロン

娘用にはレースをはさんで縫い付けました。綿レースは洗濯でよれてしまうので、レースの両端を縫い付けるか、あらかじめポリエステルレースを選んだ方がいいです。

Share Button

普通のマジックで布ににじまず書く裏ワザ。

布に油性マジック等で名前を書く時やリボンをお名前タグにするためスタンプを押す時、そのまま書いたり押したりすると文字が滲んでしまいます。

これを避けるには、あらかじめ布やリボンを軽く湿らせておけばOK。固くしぼったタオルなどで布全体にトントンと水分を行き渡らせます。霧吹きをさっと吹いてさらしなどで上から押さえる、でもOK。ビショビショはダメです。

文字がにじみにくいお名前書き用サインペンもあり、1つは持っておくと便利です。時間のない時はこれで書きましょう。

シーツ用お名前布

Share Button

TOP

PAGE TOP