タグ「 保育園 」の記事

25件の投稿

保育園でよく使われている(と思う)手ぬぐいやタオルエプロンの最強版

お食事用エプロンというとビニール製のポケット付きのが一番知られていると思いますが、通っている保育園では手ぬぐいや浴用タオルにゴムを通したものを指定されました。こんなタイプです。

これ、ゴムまわりが縮んでいるため乾きにくくカビやすいということとその対処法を前に書いたのですが、使い勝手がよく家での食事の際にも使っていました。(ビニールのはマジックテープがついているため、洗濯機にそのまま入れられず洗濯ネットに入れる必要があったり、タンスの中でもマジックテープがほかの衣類に絡んで生地を傷めることがあるのが不便でした。)

コードストッパーでさっと伸ばして洗うことでかなりカビにくくはなったものの、数ヶ月たつとやはりゴムを通した部分の色やにおいが気になったのでいったんほどいてしっかり漂白したりといった手間がありました。なんとかもっと手軽にならないか。特に家での使用時は。

と考えて最後に落ち着いた方法がこちらです。

またコードストッパーを用意します。

コードストッパー(上の写真は黒)に丸ゴムを通し(平ゴムより丸ゴムが断然長さ調節しやすいです)、両端に洗濯バサミをつけます。洗濯バサミは小さめが良いです。
※これはライオンコーヒーについている1〜2cmのミニクリップ

食事の時は、さっと新しいタオルを半分に折り、折った辺を洗濯バサミではさみます。

コードストッパーを移動して輪を大きくして子供の首にかけ、コードストッパーで首にフィットさせます。

洗う時は洗濯バサミをさっと外せば一枚のタオルとして洗濯できます!洗いやすい、乾きやすい!

保育園でもぜひこれで通したかったのですが、洗濯バサミという部品が加わるので危険(万一外れて誤飲の可能性)なこと、首周りへのフィット感がゴムを通すタイプより無いことなどで諦めました。
が、家では問題なし!是非ためしてみてください。

Share Button

ノースリーブに手縫いで半袖を付けます。シンプルとギャザー入りタイプ。

保育園ではノースリーブ禁止と言われたので、手持ちのノースリ服に半袖をつけることに。
以前つけたフリル袖だと簡単なのですが、ちゃんとした「半袖」も付けてみました。

まず手持ちの服のそでぐりを計ります。
袖のはしぐるりと一周の長さを計って29cm以下なら型紙そのままでOK。
29cm以上なら型紙補正が必要です。
ページ下部の「型紙を補正する場合」を見てください。

型紙にの縫い代をつけて布を断ちます。
・袖山、端は1cm
・すそは3cm(二つ折りなら2cm)

袖山はジグザクミシンかけておきます。(ニット等のほつれにくい素材ならそのままでも)
両端は、三つ折りまたは折りふせ縫いするならそのまま、どちらもしないならジグザグかけます。
裾は三つ折りするならそのまま、二つ折りにするならジグザグかけます。

ギャザータイプの場合、袖山の中央にギャザーを寄せ、6cmに縮めます。

肩山と袖山中心の印を合わせ、まち針でとめます。
AとA’を合わせ、aを縫い脇線で縫いとめます。なるべく袖ぐりギリギリで縫います。

次にBとB’を合わせ、bを脇線まで縫います。

袖の端を合わせて縫います。縫い終わったらぬいしろ処置。ジグザグかけていない場合は、三つ折りまたは折りふせ縫いで始末します。

袖のすそを始末します。形を整えて、三つ折りまたはジグザグして二つ折りにします。
これで完成!

型紙を補正する場合

型紙はそでぐり29cmです。たとえば袖ぐりが31cmだった場合、
31-29=2
なので、左右に1cmずつ線を延長して足します。

※子供サイズ限定です。あまりにもサイズが違う場合は補正しても合わない袖になります。

◆半袖つけ型紙ダウンロード(PDF)

半袖つけ型紙[pdf:370kB]
 ※ダウンロードされたファイルにより発生したいかなる不具合にも対応いたしかねますのでご了承ください。
 ※再配布は禁止します。

Share Button

メッシュタイプの上履きデコはアップリケで(男児)

男児用にも新しい上履きを用意した。メッシュタイプ。なので今までのような転写シートによる模様付けが出来ない。

メッシュ上履きへの男児用上履きデコ

メッシュ上履きへの男児用上履きデコ

アイロン転写シートは使えないので、もう一つ使っていた「マニキュアで模様を描く」方法で上履きのつま先の補強部分に星マークを描いてみました。
星の角の部分はつまようじを使ってマニキュア液を延ばすようにして描きます。

メッシュ上履きへの男児用上履きデコ

メッシュ上履きへの男児用上履きデコ

マニキュアはかなり丈夫なので模様付けに使えます。

・・・というのは嘘です。つま先のゴム(プラスチック?)の部分に描いたものはマニキュアでもすぐに消えてしまいました。
普通の上履きのキャンバス地に描いたものはかなり丈夫で長持ちするのですが、つま先などのゴム部分に描いたら1日でこすれて消えてしまいました。(動きの激しい男児のせいでもあります)
上の写真の星マークは1日で消えてしまいました。

なので週末に消えないマーク付けを考えることに。

上履きデコの下準備。

上履きデコの下準備。好きな布に接着芯を貼ってカットします。

好みの布を選び、接着芯を切り取りたい模様よりひと回り大きく貼り、模様でカットし、上履きにまつり縫いします。
※接着芯を貼るのは洗った後にアップリケした布がフニャフニャにならないようにするためです。

接着芯の使い方はこちらを参考に

上履きアップリケ

裏に接着芯を貼った布を上履きにまつりぬいします。

上履きアップリケ

上履きにまつりぬいして上履きアップリケ出来上がり。

これなら剥がれる心配もなく、漬けおき洗いができる!もちろんアップリケ部分はあまりゴシゴシ洗わないようにします。

Share Button

お絵描き上履きでやってみた、アクリル絵の具で上履きにイラストを描いてみる方法ですが、耐久性はどうなんでしょう?上履きの洗濯に耐えられるの?
洗ってみました。

剥がれたアクリル絵の具お絵描き上履き

アクリル絵の具で描いた上履きデコの洗濯後


あ”あ”あ”あ”あ”~
だめだ~~絵が剥がれる~~~

ちなみに、描いた直後はこんな感じでした↓
お絵描き上履き

ぬるま湯に漬けて30分ほど、軽く押し洗いしただけで絵の具がポロポロ剥がれてしまいました。

Share Button

【失敗】アクリル絵の具で上履きにお絵描きするのに挑戦!

布書きマーカーで上履きに直接絵を描くことに挑戦してみよう、と思っていたところアクリル絵の具でも描けるし水洗いしても絵がにじまないと聞いたのでアクリル絵の具なら持ってる、さっそく挑戦することにしました。

↓こちらの布プリというアイロンシートを貼った上履き、剥がれそうなのでいったん剥がしてしまってアクリル絵の具でマークを描くことにしました。新しい上履きは用意してあるもののまだサイズはこちらがジャスト。もし絵に失敗してももう間もなくサイズアウトするだろうし、試しには丁度いいと思ったのです。

アイロン接着プリント

描き終わりました!えええ・・ヒドイ出来(笑)
一生懸命見本を見ながら描いたのになんでだー

やっぱりトレーシングペーパー等使って絵柄を転写とかしないとゆがみがひどくなってダメですね。
お絵描き上履き

タオルをつま先にギュウギュウに詰めるのは、描きやすくするため。水色の線が見えているのは下書きの消えるチャコペンの色です。(専用消しペンまたは水で洗うと色が消えます)

黒い線は細筆で描いたのですが、へろへろした線がさらに下手さを強調してます・・
黒線だけでも布用マーカーを使えば、少しはましになるかな?
ラメ入りピンク

均一に色を塗るのも難しい。車体カラーは赤絵の具がなくて、ピンクなんです(しかもラメ入り)。なので重ね塗りして色を濃く見せようとしたのですが、重ねるほどに色の濃淡が気になってしまいました。やっぱり布にお絵描きするなら布用マーカーで、ですね。

ちなみに描くコツをいくつか。
・アクリル絵具にファブリックメディウムを混ぜると定着・洗濯に強くなる
・はじめにマジックで輪郭を描く
・アクリル絵の具で色を塗る。薄めすぎない。細かい部分はつまようじや割り箸をとがらせて描く
・塗ってから輪郭が見えなくなってたら、乾いた後もう一度輪郭をなぞる
・絵が乾いたらドライヤーの熱風あ低温アイロンをかけると定着する
・完全に乾いてから、ケマージュ(デコパージュ液)でコーティングしておくと強くなる

【洗濯後】
お絵描きして1週間後の週末。バケツに浸けて洗おうとしたら・・絵の具ぼろぼろ剥がれてしまいました>< アクリル絵の具は耐水性ですが、重ね塗りした絵の具が剥がれてしまった感じでした。お湯に浸け置きしたのが悪かったのか?しっかり定着させるにはファブリックメディウムを混ぜる必要があったようなので、次回はそれで試してみようと思います。

Share Button

上履きにアイロン転写シートでマーク付け

またサイズアップしたので新しい上履きを用意することに。
デコパージュはうちの子供には合わなかったのでアイロン転写でいくことにしました。

1回目はこちら

使ったシートは1回目と同じアイロン転写シート。


コツ
・ゴム部分にアイロンを当てないように
・熱で転写シートが糊状になるように溶かし、冷える過程で布に固着することが目的なので熱を当てたあとに剥がれないように押さえてしっかり冷ますことが大事。どうしても平面にはできないので3・4カ所ごとにこれを繰り返すようにするのがコツ
・つま先部分に小さな布(おしぼりや靴下)をぐいぐい詰められるだけ詰め、できるかぎり平らにする、高耐熱のキッチンミトンを手にはめて反対側からアイロンに押し付けるなどして、アイロンを押さえる土台をしっかり作ること

転写シート上履きつま先全体

転写シート上履きサイド

転写シート上履きつま先トップコート

転写シート上履きサイド

転写シート上履きつま先全体

しっかり冷えてくっついてから、デコパージュ糊トップコートを塗っておきます。3回くらい重ね塗り。少しは浸けおき洗いに耐えてくれるかな?

・使用後、4ヶ月ちょっと使った状態はこちら→アイロン転写シートで上履きデコ その後

Share Button

上履きに目印となるマークを付けようと、余っていた「布プリ」というアイロン接着用紙を貼っていました。
アイロン転写布プリ貼ったところ

上履きのデコをする位置
あまり曲がったりしないサイドに貼ったものは、3ヶ月たってフチの一部が少しめくれてきたな、という位で問題ありませんでしたが、4ヶ月経ってこれくらい剥がれてきました。
布プリの剥がれ具合
まだすぐに剥がれそうな感じではありませんが、周りをまつり縫いしておこうかなと思います。
つま先部分には転写シールでデコパージュしていたのですが、よく動く男児のほうはすぐに剥がれてしまい、布プリを貼り直しました(場所柄すぐにフチが剥がれてきたので周りを縫いました。下の写真参照)。ところが、数回靴を洗ってふと見ると、色がかなりにじんでいました。
アイロン接着プリント
サイドに貼ったほうは4ヶ月経つのに色にじみなくきれいなまま。
上履きのサイドに貼った布プリ
あれ?なんで??
・・・・・・あっっっ!

表面にデコパージュ糊のトップコートを塗っていた(サイドの)か塗っていない(つま先の)かの違いでした。今からでもトップコート塗っておこう。
しかし、周囲をまつり縫いしたのってあまり見栄えが良くないなあ・・。むしろ色付き糸で、ボタンホールステッチを効かせて縫いつけてアップリケぽくしたほうがいいのかも?

それにしても色がにじんだり剥がれたり。『一回付けたら手間いらず』な方法はないかなあ。子供は靴下履くのを面倒がって裸足で上履きを履くことも多いので、やはり浸け置き洗いをしたい。なので浸け置き洗い不可な上履きデコパージュは選択肢から外れる。布プリなら表面にデコパージュ糊でコートすれば浸け置き洗いにも耐えるけれど、アイロンだけだと剥がれてしまうので周囲をまつり縫いする必要があり、見た目もいまいちだし縫うのはすごく大変。
やっぱり布用マジックでお絵描き的なものが一番なのかな。次は試してみようかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツキネコ ファブリコマーカー6色セット ビビッド
価格:1135円(税込、送料別) (2018/10/19時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツキネコ ファブリコマーカー6色セット パステル
価格:1135円(税込、送料別) (2018/10/19時点)

楽天で購入

Share Button

上履きに目印のマーク付け、今回はアイロン転写シートを試してみました。

転写シール+デコパージュ糊が男児のは1ヶ月ほどで無惨に剥がれたので、
上履きデコ5週間後男児

男児にはその後布プリというアイロン接着シート布タイプを貼っておきました。

上履きデコ使用後女児

女児用のも4ヶ月経ってさすがにデコパージュ部分に浮きが出て、汚くなってきたので(写真は2ヶ月くらい使ったもの)いったん剥がし、別の方法でマークを付けることに。
よく自作Tシャツに使われるアイロン転写シートを試してみることにしました。

今回使ったのはサンワサプライのアイロン転写紙 白・淡色布用。
「洗濯に超強い、100回洗濯してもひび割れなし!」が謳い文句の製品です。
とにかくアイロンをギューっとよく当てて!と書かれているので、上履きのつま先に不要な布をギュウギュウに詰めて、つま先のゴム部分にアイロンが当たらないように気を付けて転写しました。
DSC_8329
右側はくっきり転写できましたが、左側のはキャンバスの凸凹の凸のほうが白っぽくなっていて、色が薄くぼんやりした印象に。

DSC_8330
アイロンの押しつけ具合に違いがあったのか??どちらも同じようにしたつもりだったので、原因は不明です。

この上からデコパージュ糊トップコートを数回塗っておきます。なぜかというと、布プリを貼ったほう、仕上げにトップコートを塗っておかなかったら洗ったら色がにじんできたので・・・

Share Button

TOP

PAGE TOP