カトラリーケース作りました。作り方の図入り説明あり。お持ちの食器に合わせたサイズで作れます。

お弁当箱とお揃いです。形は色々考えたのですが、(観音開きやランチョンマット型でぐるぐる巻き等が候補にありました)子供にとっての出し入れしやすや、洗濯しやすさ、乾きやすさ等でふた付きポケット型に落ち着きました。)

カトラリーケースふたを開けてみる

カトラリーケースふたを閉じた

表布に接着芯を貼ったほうがよかったな。厚めのキャンバス生地(綿麻)だったのでハリがあると思ったけれど、もう少ししゃきっと感が欲しかった。ぶつかってがちゃがちゃ鳴るのが嫌ならキルト芯を入れても。ただ厚みが出ると乾きづらいので、その辺は好みとさじ加減で。

カトラリーケースふたを完全に開ける

カトラリーを入れるところは3つに分けるため、赤い糸でステッチ。

カトラリーケース入れ口アップ

ポケット部分に綿レースを縫い付け、ゴムテープをはさんで縫いました。カトラリーの入れ口を縫い残しておき、表に返したらまつり縫いしています。

カトラリーケース裏側

裏はこうなってます。

カトラリーケースふたをずらすとこんな感じ

平ゴムもはさんだので、フラップ部分を留めることができます。かわいくない(笑)白の平ゴムです。
ふたの折り返し部分はアイロンでぎゅっと折り目をつけただけですが、端にミシンで縫いとめたほうがぴたっと締まります。(なるべく乾きやすくしたかったので省きました。)

カトラリーケースの作り方

1)入れるカトラリー(箸、フォーク、スプーン等)を並べて、それぞれ約1cm程度の幅(ゆとり)をあけて必要な横幅を決めます(a)。長さは一番長いカトラリー(たぶん箸)にゆとり1cmプラスした長さ(b)にします。
ポケットの長さは柄の長さ+1cm程度のゆとり(c)。蓋の長さはポケットの長さの半分くらいでもいいし、すっぽり全体をおおえる長さでもOK。

<参考:写真の出来上がりサイズ>
長さ(b)17cm、幅(a)8cm、蓋13cm、ポケット(c)10cm

cutlery_case_01 cutlery_case_02

2)表布(接着芯も)、裏布を同サイズで裁ちます。
ぬいしろは1cmずつなので、幅と長さともに2っcmずつ足してカットします。
ポケット部分と蓋部分の折り返しに印をつけておきます。
表布には接着芯を貼っておきます。

cutlery_case_03

3)表布の表側にポケット部分に蓋をとめるためのゴムを重ね、両端を縫いとめます。ゴムの位置はポケット長さ(c)の1/3くらい。

右図は出来上がり参考図。蓋をポケット長さ(c)の半分にした場合。ゴム位置はポケット長さの1/3よりやや上がいいので、布の端からcの1/3弱+1cm(ぬいしろ)にします。
ポケット部分にレースや山道テープなどをつけたい場合はこの段階で縫い付けておきます。

cutlery_case_04

4)アイロンで図のように折り目をつけます。(蓋部分はまだ折らなくてOK)
蓋部分にレース等をつけたいなら図のように縫い付けておきます。

cutlery_case_05

5)図のように2枚を中表に合わせます。

cutlery_case_06

6)ぬいしろ1cmでポケット下部分を残してミシン。ポケットと逆側(蓋部分)の角はまるっこい角にしたければカーブに縫います。角は縫った後にぎりぎりで布をカットしておきます。

cutlery_case_07

7)ぬいしろを折ってアイロンをかけます。裏も同様に。

8)縫い残したポケットの下から表に返します。

cutlery_case_08

9)ポケット口を手でまつり縫いします。

cutlery_case_09

10)カトラリーを仕切る線をステッチします。

cutlery_case_10

完成。

<カトラリーケース留め方アイディア>

蓋のとめやすさ(子供が使う時に)を考慮して、ゴムひもをはさむことにしましたが他にも案があったのでご紹介します。

cutlery_case_11

・スナップボタン(位置によっては留めにくい?)
プラスナップ(同上)
・マジックテープ(これが一番簡単で使いやすいでしょうね)

cutlery_case_12

・ボタンとひもループ
・脇にひもやリボンをはさみ、前で結んで使う
・ひもをぐるぐる回してトグルボタンで留める
etc..

Share Button

ノースリーブに手縫いでフリル袖を付け、通園OKに。

ノースリーブの服がいっぱいあったのですが、保育園はノースリ禁止。家でしか着れないのはもったいないので、てきとーに袖をつけて保育園に着ていけるようにリメイクすることに。
袖ぐりにぐるりと付けるとサイズを合わせたりが難しいので、ハーフサイズにして更にギャザーを寄せることでぐいぐい縫い付けるだけでOKにしました。

型紙ありますがとにかくテキトーなので、幅と長さを参考にして、あとは布を直接裁っても大丈夫です。カーブのきつい方にギャザーを寄せます。
イメージとしては、袖ぐりの半分の長さに袖をつける感じ。ギャザーを寄せるのでその1.5倍の長さにします。(袖ぐりが26cmとしたら、13cmの長さにするので1.5倍の19.5cmの長さの布を用意します。)
幅はお好みで。型紙はぬいしろ込みで5.5cmなので、出来上がりがだいたい3.5cmになります。

ダブルフリル袖

ひとまわり小さいサイズのも作って、ダブルフリルにしました。

ダブルフリル袖アップ

本当は、最初に作ったフリル袖が小さすぎたのでその下にひとまわり大きいサイズ(型紙のサイズ)のを重ねたのでした。

フリル袖の付け方

1)型紙とおりに布を裁ちます。
2)カーブの緩いほうは三つ折りにしてなみ縫いかまつり縫いします。カーブのきつい方は、二つ折りにしてぐし縫いし、ギャザーを寄せて仕上がり寸法(型紙では14cm)にします。
3)袖に縫い付けます。
手縫いで1時間弱で完成しました。

◆フリル袖型紙ダウンロード(PDF)

フリル袖型紙[pdf:300kB]
 ※ダウンロードされたファイルにより発生したいかなる不具合にも対応いたしかねますのでご了承ください。
 ※再配布は禁止します。

Share Button

大きく名前を書くのはけっこう難しいですがコツはありますよ。

お昼寝用の布団やシーツ、バスタオルへの記名は大きく!と指定されることが多いです。
うちの保育園では50cm×40cmの白い布を渡され、お布団のシーツにはこれを二つ折りにして、布団の裏表どちらにも名前が見えるように縫い付けてください、と言われました。つまり50cm×20cmの布に大きく名前を書きます(裏表2カ所)。

シーツ用お名前布(これは自前の布)

こんなに大きな文字を書くのは難しいです。いきなりマジックで書くとまず失敗します。

まずはにじまず布に名前を書くコツを参照して、布全体をうっすら湿らせておきます。

次に、印つけの道具に書いたサインペン型チャコペン(時間がたつと消えるタイプ)などで文字幅の印をつけて、下書きもしておきましょう。

布は思いのほか油性マジックのインクを吸います。濃く書くには何度もなぞり書きしないとならず、油性ペンは2本以上用意しておいたほうがいいです。(濃く書いておかないと、洗濯を繰り返すとすぐに薄くなってしまう)

丸文字風に意識して書くとかわいい文字になりやすいです。あえて明朝体で書いてみるのもオツかもしれません。

大事なことですが見落としがちなこと。こういったシーツ類の大きなお名前付けは子供が自分で分かるように書くものではなく、主に乳児クラスで、先生や職員がぱっと見て分かるためにつけるのです。
なので、デコりすぎて文字が読みにくかったり、かわいい薄いピンクの文字で(薄くて読みづらい)・・・というのは先生の業務の妨げになってしまいます。第一目的の「名前がはっきり読みやすい」を満たしましょう。

手書きの字に自信がなければ、お名前ワッペン(ひらがなワッペン)を貼り付けるのが手軽です。
アイロン接着タイプが多いですが、糸で数カ所まつっておくとはがれにくく、長持ちします。

Share Button
お名前付け方法ランキング

布へのお名前付けの方法ランキング

1位 2位 3位
手軽さ 手書き お名前スタンプ アイロンシール
きれい オーダーリボンタグ フロッキー スタンプ
早い スタンプ/手書き リボンタグ縫い付け
安い 手書き アイロンシール 自作リボンタグ
濃い布地 フロッキー 顔料お名前ペン スタンプ(白インク)/
アイロンシート

手軽さランキング

1位 手書き

普通の油性マジック(太字)やサインペン(中細)以外に、お名前書き布用サインペンがあるといいです。
普通のマジックでは布に直接書くとにじんでしまいます。(にじむのを防ぐ方法はありますが、時間のないときにはこんなことしてられない!)

おすすめはこれ。

pilot 布書きペン タフウォッシュ

布でもにじみにくく、洗濯にも強い。極細0.48mm・細字0.7mm・太字1.0mmがあります。
一番書くことが多い洋服のお名前付けは、洗濯表示タグにお名前を書かれる方が多いようです。文字が細いと洗濯で字が薄くなりやすいので、やや太めを選んだほうが薄くなって書き直す手間が省けます。姓名合わせて6〜7文字程度の名前なら細字0.7mm(普通のボールペン位の太さ)、姓名10文字くらいなら極細の0.48mmのほうがいいでしょう。

ただしこれ、太字でも1.0mmなのですっごく太い文字にしたい時は難しい(塗るのが大変)。
ゼッケンやお昼寝用シーツ等大きな文字のお名前付けのためには極太ペンもあると便利。

ゼッケンやお布団・バスタオルへの大きな名前書きはそう頻度が高くないので、前述のにじまず布に名前を書くコツを使って普通の太マジックでもいいかも。

きれいに仕上がるランキング

1位 オーダーリボンタグ

おしゃべリボン

洋服のブランド名入り襟ネームやショップのラッピングに使われるショップ名入りリボン、そのオリジナルオーダーです。サテンやグログランのリボンにお子様の名前のプリントでオーダーします。
メリット:なんたってキレイ。プロ仕様。
デメリット:高コスト。15枚1,000円/100枚5,000円くらいから。

おしゃべリボン(プリント、個人向けお名前タグに力を入れてます)
オーダーリボン・ドットコム(プロ・セミプロ向け)
ネオ・ジャパン(織りネーム、プロ・セミプロ向け)

オーダーしなくても、きれいなリボンをつかって、名前をステンシルしたり刺繍したりすると、とっても手間は掛かります(!)がかわいいネームタグが作れますよ。

ステンシルのネームタグ
うれしいね、ママの手づくり まいにちの通園通学
文化出版局 より抜粋

おなまえステンシル 大小セット

おなまえステンシル 大小セット
価格:923円(税込、送料別)

早さランキング

1位 スタンプ/手書き

同率一位でお名前スタンプと手書き。
手書きはサインペンをさっと出したらさっと書くだけ。圧倒的にこちらが早いかと思いますがそれは字のきれいな人のハナシ。さっとだと汚い字になってしまう人(私)は場合によっては下書きをしてからゆっくり書くことになり・・・さらに何枚もあったら、スタンプのほうが早い!よく使うからすぐに出せる場所に置いてあるし。
また、洋服数枚に名前を書く場合と、週末に数十枚のオムツに名前を書く場合とではまた変わってきます。なのでこれはひとそれぞれ、同率にしました。

お名前スタンプって必要?

濃い色の布に名前を書く方法ランキング

1位 フロッキーネーム(アイロン圧着)

トレーナーやワッペンなどでよく使われる、フワフワした手触りの厚みのあるプリント。アイロンで布に接着すると、非常にはがれにくく、くっきりした模様が出せます。
これを利用したお名前フロッキーシートが市販されています。スタンプと同じくオーダー制で、大変丈夫なので洗濯にも耐えます。ほとんどの布製品に対応し、特にサインペンでは対応が難しい濃い色の生地でもくっきりした文字になるし、のびる素材に威力を発揮するので、靴下には特におすすめです。(水着はアイロンで溶ける可能性があるので不向き。水着にはのびるアイロンシートを。)

2位 布用名前ペン(白)

・シャチハタアートライン布用おなまえマーカー 白・パステルカラーも
・マービー 布描きしましょ 普通色全16色・ラメ入り・フロッキータイプも
ほか
濃い色の布にも書ける、洗濯にも強い!が売りの顔料ペン。文字は太めなので小さいものには不向き。コツはインクがたっぷり載るように、線を書くのでなく点でぽつぽつとインクを載せていくように書くこと。

番外編
・水着へのお名前付け…
水着のお名前付けは、のびる素材のアイロンシートが○。塩素の入った水に長時間つかるので、文字が薄くなりやすい。マジックペンでしつこい位に濃く書いておくのがコツ。

 クロバー LM67-656 伸びるゼッケン

 クロバー LM67-656 伸びるゼッケン
価格:205円(税込、送料別)

・おさがりにまわしたい洋服…
おさがりやヤフオクにまわしたい服は記名を避けたいもの。リボンタグやぱっちんネームタグで洋服のタグにくぐらせて付けるか、目立たないところに縫い付けて。

※当ランキングは黒ネコの主観と独断によるものです。

Share Button

エプロンだけでなくアームカバーもあったほうがいいと思い、作りました。

サイズは適当に、子供に服を着せた状態で腕の周囲を測って決めました。ゴムで調節すればいいのでゆるめに。
型紙一応ダウンロードできますが、はっきり言って布に直接チャコペンで印つけてカットしてOKです。ぬいしろなんて印付ける必要ありません。

アームカバー作図

【アームカバー材料】

生地 29×20cm(×2枚)ぬいしろ付き
ゴム 子供の腕周り、手首回りサイズ×2(それぞれ余裕もたせる。目安は1m)

1、端から7cmのところにレースや山道テープを縫い付ける。(女児用の場合)

2、Aとaを中表に合わせ、ゴム通し口を残して縫う。裏でぬいしろを折りふせ縫いする。(ジグザグでも可)

3、両端(上・下辺)を三つ折りし、子供の手首・腕の幅のゴムを通す。

調理用アームカバー

印つけの道具

ところで、印つけにはチャコペンシル使ってました。高校生の頃から。色鉛筆みたいなやつです。洗えば落ちるはずなのですが、くっきり印をつけると印が残ってたりします。それに芯をとがらせるとすぐ折れ、太いと印がぼやけてわかりにくい。
久しぶりに手芸雑貨をみると色々あるんですねー。

サインペン型チャコペン

一度サインペンタイプを使ってみたら細いし便利!
上は水洗いで消える又は消しペン(反対側が消しペンになっている)で消えるタイプ、下は水洗いで消える又は時間が経つと消えるタイプです。(私は赤系の生地が多いので水色と紫を選びましたが、他の色もあります)

時間が経つと消えるタイプ、は描いて1時間ほどでも色が薄くなることもあり(生地による)、描いてすぐに縫う時にしか使っていません。あと完成後に水洗いしたくないもの、ですね。

サインペン型のチャコペン、ほんと便利ですよ。

◆アームカバー型紙ダウンロード(PDF)

アームカバー型紙[pdf:300kB]
 ※ダウンロードされたファイルにより発生したいかなる不具合にも対応いたしかねますのでご了承ください。
 ※再配布は禁止します。

Share Button

上履き入れは滑りのいい撥水生地で作りました

上靴入れ

上靴入れはひも2本で引き絞るタイプにしました。一般的なループに幅広アクリルテープを通すタイプより、小さい子でも使いやすいかな、と思って。

上靴入れ生地アップ

生地も滑りやすいほうが靴の出し入れがしやすいと思ったので撥水ナイロンにしました。レインコートとかに使われるツルツルした生地です。

滑りがいいせいかミシンの目飛びが発生し、縫いづらかったですがすべりの良さは選んで正解だったと思います。

Share Button

手ぬぐいのお食事エプロン作り方

保育園での食事時(0歳はミルク時)に使うエプロンは、手ぬぐいを二つ折りにしてゴムを通したもの、という指定でした。ネットでみるとこれを指定される園はそこそこあるらしい。

ところがこのエプロン、ゴムを通しているため襟ぐり部分にギャザーが寄っていて、ここが乾きづらい。そのため非常にカビが生えやすい。
ミルクの時の梅雨時と夏場、1ヶ月たたずにカビてしまい何かいい方法はないかと考えていて、パーカーのフードについているコードストッパーに目が留りました。

これがコードストッパー。バネを押すとひもの長さ調節ができ、離すと止まる。ディパックや携帯ストラップなどにもよく使われています。

コードストッパーを通します

これをエプロンのゴムに通して、洗濯のときにはゴムひもを長い状態にして襟ぐりを平らにしておき、エプロンとして使うときにはゴムひもを縮めてさっと襟ぐりサイズにします。

洗う時はゴムを広げて

食事エプロン

ゴムの長さは、手ぬぐい幅×2+ゆとり(12〜14cm程度)分用意します。

家に帰ってきたらすぐにエプロンは酸素系漂白剤につけておくとカビにくいです。あとはしっかりと乾かすことが一番大事です。
私はギリギリの2セットでまわしていたので、この方法をしていてもカビが生えてしまいました。(乾燥が足りなかったせいです。)余裕をもって3セット用意するか、乾燥機をしっかりかけて完全に乾かすのも大事です。

ちなみに平ゴムより高くなりますが、丸ゴム(ヘアゴム)のほうがコードストッパー穴の滑りがよいためさっと長さ調節できます。丸ゴムのほうがカラーバリエーションも豊富ですよ!

Share Button

娘用のエプロンをやっと作った。ポイントとコツをご紹介。

娘用のエプロンはフリルたっぷりなので息子用の3倍は時間がかかる・・・

三角巾のフリルをつけたところ

右側にフリルをぬい付けたところ。このあと生地を中表に合わせてバンドをはさんで縫います。

三角巾フリルアップ

角部分にはフリルのギャザーをたっぷり取っておかないと、表に返した時に足りなくなる。

三角巾、幼稚園、保育園

三角巾の完成、写真は上部分。

三角巾完成図

バンド部分の作り方は男児用エプロンを参照してください。

三角巾、幼稚園、保育園

前部分にはタックを寄せました。あとでトーションレースを縫い付ける予定。

エプロンはまずポケット作り。ポケットは別布にしました。

エプロン、園児、ポケット

厚紙で型紙を取り、ポケットのカーブをぐし縫いし、厚紙を当てて縫い絞り、アイロンを当てます。

エプロンのポケット作り

エプロンのスカート部分にポケットを縫い付けます。ポケット口にはゴムを通してくしゅっとさせ、レースも付けました。
きれいなカーブを出すのって難しい・・

エプロンにポケットを縫い付けたところ

ポケットを付け、裾にフリルを縫い付けてスカート部分の完成。

エプロンのスカート部分完成

胸当てと肩ひも。肩ひもは男児用エプロンと同様に中央部に幅広ゴムを入れて頭をくぐらせて着られるようにしたのですが、出来上がってみると頭にくぐらない・・頭が大きすぎたゴムの長さが足りなかったようです。
そこで、肩ひもの先に丸ゴムを輪っかにして留め、胸当てにくるみボタンを付けて、丸ゴムをボタンに掛けて着てもらうようにしました。

エプロン完成

腰ベルトもポケットと同じ別布にしました。

女児用エプロン、手作り
この写真の後に、三角巾のタックにトーションレースを縫い付けたり、エプロンの肩ひもは胸当てにつけたくるみボタンに丸ゴムを引っ掛ける仕様に変更したりしました。
フリルやレースを付けるのは手間だけど、見てるだけでテンションあがる!

娘は当時3歳半、94cmです。腰ひもは後ろでしばるタイプにしましたが、1回結ぶことは出来るけれどちょうちょ結びはまだ出来なかったので、もっとひもを長くして前で結べるようにすれば良かったかな。

Share Button

TOP

PAGE TOP