女児のメッシュタイプの上履きにデコってみた

女児用上履きデコ

メッシュ上履きへの女児用上履きデコ

以前のがサイズアウトしたので新しい上履きを用意し、さっそくデコることに。
今回は汗かき娘のためにメッシュの上履きをセレクトしたので、今までのような転写シートによる模様付けが出来ない!

なので、100均の手芸用品や手持ちのレースでデコることにしました。
100均のバラモチーフとピンクのレースを縫い付けました。バラモチーフはボンドで留めてあるだけのものが多く、ほどけやすいので、根元をしっかり上履きに縫い付けました。これなら上履きを洗う時に浸けおき洗いしても大丈夫だし(はがれる心配はないし、色落ちもそれほど不安はない)、今までのアイロン転写シートに比べたら気にせずゴシゴシ洗える!時間のない時は浸けおきだけでもいい!
イフミーは幅広・甲高のうちの子に合うし、メッシュで汗かきにも対応だし、これからはイフミーにしようかな。

Share Button

娘に作ったホビーラホビーレのニーナ人形。髪いじりと着せ替え遊びができます。

ホビーラホビーレのニーナ人形をつくりました

一作目は左。ホビーラホビーレニーナ人形
本来の型紙からアレンジして、胴体と腕を別々に、胴体の底にマチを加え、首を長くして頭に差し込む形にしました。

ニーナ人形お尻にマチ

これは二作目のお尻部分です

胴体型紙をアレンジ
脇は出来上がり線(点線)の位置までぬい、マチはぬい残します。
マチは上下を重ねるようにして、胴体底が楕円っぽくなるようにまつります。

こうすることで、お座りしやすくなりました。しっかり座れるようにするには、重りになる厚紙や銅板といったものを入れると良いようです。

腕は独立させてこんな形にします。
肩のあたりで胴体にぬい付けます。ボタン付けの要領でまつった糸をぐるぐるまいて補強。自由に腕が動かせるようにしました。
腕型紙をアレンジ

頭の後ろ側ダーツの下の方をぬい残し、そこに首の突起を差し込みます。布が柔らかく安定しなかったので首に割り箸を差し込み、首と頭をまっすぐになるように補強しました。

とりあえず試作がてらつくった一作目は、布がガーゼっぽい柔らかい綿(やや伸びるのでいいかな?と思った)のためふにゃふにゃになりすぎました。張りがなさすぎて、綿のでこぼこをすなおに反映しすぎ。ちなみに綿をでこぼこにならずに詰めるのってけっこう難しいです!ニーナ人形作成中

反省点を生かして二作目。
綿ブロードだったかな?目のつまったしっかりした生地です。服が着せ替えやすいようにすべりの良さも重視して選びました。肌色っぽいのがよかったのですが生成りくらいしかみつからず。
一作目と違い、しっかりした生地なので形がしっかりきまります。綿をしっかり詰めると、首も足も安定がいいです。頭はもっとつめればしわしわが無くなるのかしら?
ニーナ人形作成中

一作目で顔が細すぎる感じがしたので、お顔を丸めに変えました。頭と胴体のつけ方はオリジナル通り。腕も胴体と一体型のオリジナルタイプですが親指を内側にしました。ネットで検索して見つけた方法なのですが、この方がおとなしめの印象になりますね。ホビーラホビーレニーナ人形

胴体の底は一作目と同じくマチを付けて、お座りが安定するようにしました。

ニーナ人形お尻にマチ

一作目の髪の毛は娘に選ばせたらピンク(笑)。ちょうどいい太さのがなくてやや細めの綿毛糸。これは髪いじりしてると毛先がすぐほどけてきていまいちでした。
二作目は並太のアクリル。無難に茶色をセレクト。太めのほうがからまりにくくていいようです。髪の量は毛糸の太さによってだいぶ変わるので、量は巻いた毛糸をボリュームをみながら決めたほうがいいです。

ホビーラホビーレニーナ人形

髪の毛の付け方は一作目はオリジナルレシピ通り、二作目は違うお人形の本のやり方にしました。

厚紙等に毛糸をぐるぐる巻き、顔側から頭後ろ側へたらして頭頂部を横にぬいつけていく。また毛糸をぐるぐる巻きにし、頭頂部に横向きにぬい付けます。

nina_03

量は人形の頭にのせてみながら加減してください。

nina_04

このままだとぬい付けた糸やぬい目が丸見えなので覆い隠すために横向きの糸をのせます。nina_05

nina_06本当は、頭後ろ側に1・2段後ろ髪をレイヤーに足してあげたいんですけどね。上のやり方だと2つにくくった時に後ろがハゲ状態になるので・・・
ホビーラホビーレの本には、そんな場合向けの別の髪の毛のつけ方も載っているので気になる方は本をご覧ください。
気軽に作れるボディ完成キットもありますよ。

Share Button

お絵描き上履きでやってみた、アクリル絵の具で上履きにイラストを描いてみる方法ですが、耐久性はどうなんでしょう?上履きの洗濯に耐えられるの?
洗ってみました。

剥がれたアクリル絵の具お絵描き上履き

アクリル絵の具で描いた上履きデコの洗濯後


あ”あ”あ”あ”あ”~
だめだ~~絵が剥がれる~~~

ちなみに、描いた直後はこんな感じでした↓
お絵描き上履き

ぬるま湯に漬けて30分ほど、軽く押し洗いしただけで絵の具がポロポロ剥がれてしまいました。

Share Button

2回目のアイロン転写シートによる上履きデコ、今回はかなり丈夫に仕上がったので剥がれることなく長持ちしてくれました。(約4ヶ月使用)
毎週末持ち帰りで洗うのですが、絵柄部分は避けて古歯ブラシでゴシゴシ洗っていましたが大丈夫。30分ほど漬け置き(お湯ではない)してましたが、剥がれることはありませんでした。
ところがとうとう今週、フチがすこーし剥がれてきているのを発見。デコパージュ液のトップコートを塗り直しておきましたが、さすがに寿命かな。もう少しでサイズアウトしそうなので修復はそれ以上しないことに。
紙ナプキンによるデコパージュよりも格段に長持ちしたので我が家ではアイロン転写シートを使っていこうと思いました。

アイロン転写シートの上履きデコ

アイロン転写シートの上履きデコ、数ヶ月使用後

アイロン転写シートの上履きデコ数ヶ月使用後

アイロン転写シートの上履きデコ数ヶ月使用後こちらは男児用のもの。左側のはアイロン転写シートが剥がれてきそうになったので、もう一度専用シートを当ててアイロンで押さえるつもりが間違ったシートを当てたために一部が剥がれてしまったのを、色マジックペンで描き足したのです。

付けた直後はこんなでした

Share Button

【失敗】アクリル絵の具で上履きにお絵描きするのに挑戦!

布書きマーカーで上履きに直接絵を描くことに挑戦してみよう、と思っていたところアクリル絵の具でも描けるし水洗いしても絵がにじまないと聞いたのでアクリル絵の具なら持ってる、さっそく挑戦することにしました。

↓こちらの布プリというアイロンシートを貼った上履き、剥がれそうなのでいったん剥がしてしまってアクリル絵の具でマークを描くことにしました。新しい上履きは用意してあるもののまだサイズはこちらがジャスト。もし絵に失敗してももう間もなくサイズアウトするだろうし、試しには丁度いいと思ったのです。

アイロン接着プリント

描き終わりました!えええ・・ヒドイ出来(笑)
一生懸命見本を見ながら描いたのになんでだー

やっぱりトレーシングペーパー等使って絵柄を転写とかしないとゆがみがひどくなってダメですね。
お絵描き上履き

タオルをつま先にギュウギュウに詰めるのは、描きやすくするため。水色の線が見えているのは下書きの消えるチャコペンの色です。(専用消しペンまたは水で洗うと色が消えます)

黒い線は細筆で描いたのですが、へろへろした線がさらに下手さを強調してます・・
黒線だけでも布用マーカーを使えば、少しはましになるかな?
ラメ入りピンク

均一に色を塗るのも難しい。車体カラーは赤絵の具がなくて、ピンクなんです(しかもラメ入り)。なので重ね塗りして色を濃く見せようとしたのですが、重ねるほどに色の濃淡が気になってしまいました。やっぱり布にお絵描きするなら布用マーカーで、ですね。

ちなみに描くコツをいくつか。
・アクリル絵具にファブリックメディウムを混ぜると定着・洗濯に強くなる
・はじめにマジックで輪郭を描く
・アクリル絵の具で色を塗る。薄めすぎない。細かい部分はつまようじや割り箸をとがらせて描く
・塗ってから輪郭が見えなくなってたら、乾いた後もう一度輪郭をなぞる
・絵が乾いたらドライヤーの熱風あ低温アイロンをかけると定着する
・完全に乾いてから、ケマージュ(デコパージュ液)でコーティングしておくと強くなる

【洗濯後】
お絵描きして1週間後の週末。バケツに浸けて洗おうとしたら・・絵の具ぼろぼろ剥がれてしまいました>< アクリル絵の具は耐水性ですが、重ね塗りした絵の具が剥がれてしまった感じでした。お湯に浸け置きしたのが悪かったのか?しっかり定着させるにはファブリックメディウムを混ぜる必要があったようなので、次回はそれで試してみようと思います。

Share Button

洗えるフエルトでアップリケ布を作っておくとひざ穴補修に、目印ワッペンにと色々使えて便利。

今どきズボンにひざ穴が空いても補修したりしないかもしれませんが・・私はします。だって男児はおろしたて新品ズボンを1日目で穴あけてくるから(怒)。
ひざ穴補修に限らず、帽子やハンカチなどの目印になるワッペンとしても使えます。

【材料】
洗えるフエルト(100均で入手可)
糸と針
オススメ:アイロン接着シート
時間がない時:手芸用ボンド(洗濯可のもの・100均で入手可)

100均でアイロン圧着用アップリケが売っているのでそれでも勿論いいのですが、子供の好きなアイテムをフエルトなどで作って世界に一つのオリジナルアップリケにしたら喜ぶことうけあい!
基本の車アップリケ

車体にタイヤをあらかじめ縫いつけるか、ボンドで留めておくとあとは周りを縫うだけです。

布は洗えるフエルトが一番おすすめ。色も豊富だし、クッション製もあるし、端処理をしなくてもほつれないので、好きな形にカットして周りを縫いつけるだけでOK。縫うのが苦手ならアイロン接着シートをフエルトと重ねて一緒に切っておけば、アイロンをかければOKです。

アイロン接着シート
価格:108円(税込、送料別)

さらに、どうしても時間がない時は、手芸用ボンドで貼り付けます。木工用ボンドは水に浸けるとはがれてしまいますが、手芸用ボンドは洗濯可のものが多いです(洗濯可、の表示を確認しましょう)。ただし、耐久性は高くないので時間ができたときに簡単に縫いつけておきましょう。

アップリケ
時間のある時にカットしておきます。リボンにはフレンチノットステッチで刺繍をプラス。

同じ形のものは、続けてカットしているとどんどん慣れてうまく切れるようになるので時間のある時にいくつかカットしておくと、必要な時にさっと縫うなりアイロン当てるだけでひざ穴補修できるので便利です。

アップリケ+刺繍を使うと色々な形を表すことができます。

せっかくオリジナルがつくれるのだから、市販品にはないものを作ってみたいですね。

・トンカチ
・子供の似顔絵
・ひょうたん(縁起物です)
・USBマーク

なんてどうでしょう?

はぎれがいっぱいある、という場合ははぎれをつかいましょう。細かい柄の入った布なら形はシンプルに、○や□で充分かわいくできます。布を使う場合は端処理のため、まず厚紙を好みの形に切り、布を厚紙よりひとまわり大きくカットします。
布の端をぐし縫いし、中に厚紙をいれて糸を引き、アイロンをかけます。布端が裏側になるように縫いつけたら完成です。

アポロ11号
アポロにはまった息子用。月着陸船イーグルと司令船コロンビアです。こんな風に細かい模様は刺繍で入れます。

ダンベルのつもり
ダンベル型なんておもしろい?と切ってみましたがリボンっぽいですね。

◆アップリケ図案集です。拙いですがご自由にお使いください。

アップリケ図案2

アップリケ図案1

◆アップリケ図案ダウンロード(PDF)

アップリケ図案[pdf:430kB]
 ※ダウンロードされたファイルにより発生したいかなる不具合にも対応いたしかねますのでご了承ください。
 ※再配布は禁止します。

Share Button

上履きにアイロン転写シートでマーク付け

またサイズアップしたので新しい上履きを用意することに。
デコパージュはうちの子供には合わなかったのでアイロン転写でいくことにしました。

1回目はこちら

使ったシートは1回目と同じアイロン転写シート。


コツ
・ゴム部分にアイロンを当てないように
・熱で転写シートが糊状になるように溶かし、冷える過程で布に固着することが目的なので熱を当てたあとに剥がれないように押さえてしっかり冷ますことが大事。どうしても平面にはできないので3・4カ所ごとにこれを繰り返すようにするのがコツ
・つま先部分に小さな布(おしぼりや靴下)をぐいぐい詰められるだけ詰め、できるかぎり平らにする、高耐熱のキッチンミトンを手にはめて反対側からアイロンに押し付けるなどして、アイロンを押さえる土台をしっかり作ること

転写シート上履きつま先全体

転写シート上履きサイド

転写シート上履きつま先トップコート

転写シート上履きサイド

転写シート上履きつま先全体

しっかり冷えてくっついてから、デコパージュ糊トップコートを塗っておきます。3回くらい重ね塗り。少しは浸けおき洗いに耐えてくれるかな?

・使用後、4ヶ月ちょっと使った状態はこちら→アイロン転写シートで上履きデコ その後

Share Button

はぎれを利用してリボン作りました。今回は指輪にしてみました。

はぎれで何か作ろうと思いたち、リボンにすることにしました。
レースとはぎれのリボン
レースは端と端を合わせて縫い、中央に別布でくるみました。イチゴ柄のはぎれは、裏に接着芯を貼り、中央はM字に折りたたんで布をくるみました。

さて、出来たリボンはどうしよう・・
レースリボン指輪
布で指輪を作ってみよう。
デカリボン指輪
でか!これはやっぱりヘアアクセに変えようかな(笑)リボンを取って指輪だけでもかわいいので。

綿麻はぎれ指輪
よく見えませんが、中央に小花のプリントがある布を指輪にしました。

布の指輪ですが、つけごこちは悪くないのですが外すときにかなり外しにくいです。特に子供は汗っかきなので・・あまり付けてくれませんでした。(;_;)
サイズをゆるめに作っておけば大丈夫かな。

はぎれでリボン作り方

イチゴ柄はぎれのほうは、あらかじめ裏に
不織布接着芯厚手を貼っておきほつれ防止。こんな形で布をカット。

リボンの中央を山が3つになるようにしわを寄せて折ります。横から見るとM字っぽく
なります。(写真のは真ん中の山を端の山より低くしましたがこの辺はお好みで。)

ベルト部分を用意します。端(ここでは左端)に両面アイロンテープを
おき、好みの幅になるように三つ折りしてアイロンで接着します。

リボンの中央にベルトをくるっと巻いて、裏側でベルトをまつり縫いして完成。
裏に接着芯を貼っているとはいえ、このままだと布端が少々ほつれてしまうので縁に木工用ボンドを塗ったり、デコパージュ液を塗ったりするとよいです。

デコパージュ液については上履きデコパージュをみてください。
リボンが固くなってしまいますが、表面全体にデコパージュトップコートを塗ってツヤを出すのもいいと思いますよ!

Share Button

TOP

PAGE TOP