カテゴリー「 ネームタグ 」の記事

5件の投稿

通っていた園では毎年4月中は子供の名前を書いた名札をつける決まりがありました。
新しく入った先生が名前を覚えられるようにするため、新入園以外の子も全員。それは台紙に安全ピンがテープで止められているだけの簡単なものだったんですが(台紙に親が名前をひらがなで書く。デコ禁止)、とあるイベントに参加した時にも「名札をつけてください」と言われ、園で使ってたようなものにちょっとデコって用意しました。

手作りメダル・名札

これは、誕生日ディズニーの際にバースデーシールを貼るために用意したデコメダルです。(バースデーシールをそのまま服に貼ると剥がれやすかったり、体温調節で上着をはおると見えなくなったりするので)
すごく簡単ですがご参考まで。

ディズニーの誕生日シールは約7cmなので、直径7.5cmの厚紙を用意します。

【男の子用】
・台紙(厚紙を丸く切る。ここでは7.5cm)
・リボン約50cm
・安全ピン
・台紙の縁飾り用テープ

青いリボン1本を半分に折り、折った方を安全ピンに図のように通してネクタイっぽくし、結び目を軽く縫い止めます。
台紙の上と下でリボンをホチキスで留め、リボン2本を下に垂らす。

安全ピンへの結び方

<裏側>

台紙の端に金テープを貼って出来上がり。

男の子用メダル

【女の子用】
・台紙(厚紙を丸く切る。ここでは7.5cm)
・縁にはるフリルやレーステープ(直径×3.14+ゆとり3cm程度)
・安全ピン
・台紙と安全ピンをつなぐベルト用レース(リボンでも可)約3〜5cm
・飾り用モチーフ
・台紙の縁飾り用テープ(ここでは青いキラキラテープ)

花モチーフレースと台紙をホチキスで留め、反対の端は安全ピンに通します。
(写真のものはモチーフの穴に安全ピンの針を通したのですが、外れやすいので反対側に縫い付けたほうが安心です)

台紙の周りにフリルテープを布用ボンドで貼り付けます。のり付け始めは端を折ってしっかりのりづけし、最後はのりづけ始めに少しかさねて切りっぱなしで止めます。

<裏側>



表側のフリル部分にリボンや花などのモチーフをいくつか縫い付けます(布用ボンドでもOK)


完成!

できた名札はそのまま名前を手書きしてもいいですし、お名前スタンプを押しても。
裏側が見えても恥ずかしくないように、きれいな紙を丸く切って貼っておいたほうがいいですね。

Share Button

布のはぎれでオリジナルのネームタグを作ろう!

プラスナップでぱっちんボタンで紹介したネームタグ、好きな布のはぎれでオリジナルのネームタグが作れます。

プラスナップを付ける前のネームタグ

リバーシブルで使えるので、表布と裏布を別にすると楽しめます。ネームタグとして使うなら、片方はシンプルな模様の少ない布にしてそちらに記名するといいでしょう。

プラスナップ付きネームタグ表

プラスナップ付きネームタグ

ネームタグに刺繍で記名

お名前シールや布にスタンプしてもいいのですが、せっかく布なので直接バックステッチで刺繍してみました。

ネームタグ息子用・娘用

上はエプロンで余った布で息子用のタグ。裏は白っぽい生地なのでそちらに記名する予定。

プラスナップを布でくるんで

娘用にもう一つ。プラスナップに共布をくるんでくるみボタン風にしました。
ボタンが小さいので難しい・・ボタンより一回り大きい丸の布の周囲をぐるっとぐし縫いし、糸を引き絞ってからハンディプレスでスナップを付けます。

◆作り方

・好きな布20×3cmくらいを2枚(別布でもOK)
・接着芯20×3cm
・プラスナップ9mm

1.できあがりサイズを決めます。目安は長さ15〜20cm、幅1.5〜3cmくらい。付けるものや名前の大きさを考慮して決めます。
写真は13cm×2cmです。
スナップ留めで重なる部分は1.5cmくらいなので欲しいサイズにこの分をプラス。また縫うと少し縮むのでさらに+1cm弱で作ります。
つまり留めた状態で半分の長さ(この長さに名前が入る)が5cm欲しいなら、5cm×2+2.5cm=12.5cmができあがりサイズになります。 

ネームタグ作り方1

2.布をカットします。
(縫い代はここでは0.7cmで示していますが、裁縫に慣れている方なら0.5cmで大丈夫です。)
片方の布に接着芯を貼ります。

表と裏を別布で。片方に接着芯を貼る。

3.布に記名をします。(出来上がった後でも大丈夫です。)
・スタンプ
・お名前シール
・リボンタグ
・刺繍(刺繍はこの段階でやったほうがいいです。接着芯は刺繍をするほうの布に貼ります。)

4.3辺を縫い、角を斜めにカットします。

ネームタグ作り方2

5.表に返し、アイロンをかけます。角は目打ちなどを使って出します。
残りの1辺の縫いしろを内側に折ってアイロンをかけ、周囲をぐるっとミシンがけします。
*この時、レースやポンポンテープをはさんで縫うとかわいいです。

ネームタグ作り方3

6.布をひっぱりながら仕上げのアイロンをかけ、目打ちで穴をあけてプラスナップをつけます。完成!

Share Button

プラスチックスナップの紹介と使い方について。

赤ちゃん用の肌着やつなぎ服などによく使われているプラスチック製のパッチン!と留めるボタン、プラスナップ。ハンディプレスがあれば簡単に付けることができます。

必要なのはプラスナップ用ハンディプレスとプラスナップパーツ。

プラスナップとハンディプレス

サイズや色も色々。

プラスナップ付きネームタグ

これははぎれで自作のネームタグ。好みの布で15×2cm位(縫い代抜き)の長方形の布を中表に縫い、表に返して閉じ、はじっこにプラスナップを付けます。お名前スタンプ等で表・裏に記名すれば、簡単にお名前付けができるネームタグに。
はぎれで作れるネームタグの作り方はこちら

生成り色なら大概の生地に合うし、使う布に完全に合わせたければオス側の表側を友布でくるめばぴったりになります。
ワンポイントのスタンプを押したり、細マジックで絵を描いても!

Share Button
くるみボタンの完成。大と小。

簡単お名前タグにもなるし、はぎれも活用できるくるみボタンの作り方。

はぎれ

はぎれが出たのでまたくるみボタンを作ろっと。

はぎれとくるみボタンキット

(パーツAとBは2つずつ載せてありますが、表と裏を説明するためで、くるみボタンを1個作るのに必要なのはパーツA・B1つずつです。パーツCはシリコン製で作る際の補助、キットについていないものもあります。)

くるみボタンの生地カット

1.型紙の大きさでハギレをカットします。ボタンの位置にどの模様が来て欲しい、というのがあるなら、型紙のまんなかにパーツAを当てて、ドーナツ状にくり抜いた型紙を用意。穴から見える位置に好みの模様がくるようにして、その位置でカット。(作る過程で模様は多少ズレてしまいます)

2.パーツCを置きます(凹んでるほうが上)。1.でカットしたハギレを表側を下にしてパーツCに載せます。(布が浮いていてOK)

3.パーツAの表側(凸側)に薄くまんべんなくボンドを塗ります(省いても構いませんが、私は固定したいので小さなくるみボタン以外は塗ります)。
ハギレの裏側にパーツAの表側が当たるようにして置きます。つまり、A(裏)が上(手前)に来ている状態です。

くるみボタンの作り方

台にボンドを塗ったところ

4.パーツAをパーツCの中にぐっと押し込みます。布にギャザーがよりますが、この時ギャザーがなるべく均一になるようにします。

5.ギャザーを真ん中に寄せ、表の布がピンと貼るように引っ張り、ボンドを付けてまとめます。

くるみボタンの仕上げ

6.パーツBの裏側にボンドを塗り、糸通し穴がついているほうを上(手前)にして5.に押し込みます。(押し込むためのパーツもキットに入っていたのですが紛失。なくても出来ます。)

裏にもボンドを塗る

7.パーツCから外したら完成!

くるみボタン大の完成

小さいくるみボタンや、シリコン台がないキットの場合の作り方のコツはこちら→

こちらのショップでは動画でくるみボタンの作り方が見られます→打ち具もセットになって、お買い得♪くるみボタンキット (打ち具付、足なしタイプ) 29mm 7組入

できたくるみボタンは、もちろん普通にボタンとして使ってもいいんですが、ネームタグとしても使えるんです。

お名前つけグッズ

右側がくるみボタン、左は同じようにさっとつけられるお名前タグ。

できたくるみボタンにお名前スタンプを押して、糸通し穴にゴムをくぐらせて結びます。お名前をつけたいものにゴムをくぐらせたら、お名前付け完了!布の柄があるので、まだ字が読めない子供でも『自分のもの!』って認識しやすくなります。

Share Button

アイロンシールで名前つけしていたのは0才クラスの頃。
入園時、いっぺんに数十枚の洋服に名前をつけるにはスタンプぺたぺた、アイロンぎゅーっが早く出来て良かった。でもやがて・・・
・剥がした跡がきたない(どうしても糊が残る)
・お下がりやヤフオクに回すならなるべくきれいな状態で残したい
・2〜3枚の名前付けではアイロンを出すのが手間
といった不満が出てきて、より良い方法を探しました。

やがてたどり着いたのがこれ。
名前タグ用リボン
これはグログランリボンというもの(畝みたいになってるのが特徴)。幅は1.6cm。両側にステッチが入っていてそれがカワイイ。一番下のベージュが質も良くステッチもきれいで一番カワイイのですが値段もそれなり。といっても1mあたり500円くらい?(よく覚えていません。)でも何mも欲しいのでなるべく安いものが欲しい。また一番下のタイプの他の色は濃い色ばかりで、名前付けには向かない。できれば娘用と息子用に色違いで揃えられたら─と思って「グログランリボン ステッチ」でネットで検索。値段も手頃でブルーとピンクのを入手しました。
ちなみに綿素材のグログランリボンもあると思うのですが、名前付けタグを作るなら化繊がおすすめ。綿などの天然素材は洗濯すると丸まったりヨレたりします。化繊ならまっすぐなままだし、端の処理も簡単。(端の処理は後日書きます。)

名前タグ使用例
実際に使う時は、こんな感じで洋服タグや服の端に縫い付けます。縫うのは手間に感じるかもしれませんが、あらかじめ名前入りタグを準備しておけば、縫うのは左右の2カ所を二重に引き締めて縫うだけ。アイロンを出すより早く済みます。
縫い方はスナップボタンを縫い付けるのと同じ方法で。こちらを参照。
http://allabout.co.jp/gm/gc/371414/
http://yousai.net/nui/botan/snap.htm
たまにこの名前タグが取れそうになってたり、名前の色が薄くなったりリボンがほどけてきたりしたら取り替えます。
その点は手間ですね。

おしゃべリボン

名入れリボンのオーダーならこんなに可愛いのが作れます♪

Share Button

TOP

PAGE TOP