カテゴリー「 袋もの 」の記事

5件の投稿

上履き入れを作ったのでつくり方をご紹介

上履き入れが小さくなったので残っていた生地で大きいサイズを作り直すことに。

まず大きさを決めます。入れる上履きを並べて、ゆとりをプラスして出来上がりサイズを縦30cm、横18cmに決めました。
生地に余裕があったので縦につなげて断つことにしました。上端にひもとおし三つ折り部分としてどちらも+4cmつけます。
もし生地2枚で断つなら、底端にも1cmずつ(布はし処理しない場合)または2cmずつ(布はしを三つ折りまたは袋縫いする場合)つけます。
左右端は片ふせぬいの予定で、+3cmの21cmで断ちました。(片端は1.5cmの縫い代)

まず左右を縫います。折りふせ縫いにするので中表に布を合わせ、ひも通し部分をあけて脇をぬいます。
ひも通しに必要な高さは7cm(高さ3cm×2+ぬいしろ1cm)なので、7cmだとぴったりすぎてゆとりがないので0.5〜1cmゆとりをもたせるため、7.5〜8cm端からあけてぬいます。

わきぬい止まりから0.5cmほど下の片側(ここでは左側)縫い代を縫い目まで0.2cm残してカットし、片側(ここでは右側)に倒す。
ひも通し部分は三つ折り、カットより下は二つのぬいしろを合わせて三つ折りにする(布地が薄い場合。布地が厚い場合は下側(ここでは右側)の布を1cmにカットして上側の縫い代でくるむ。

縫い代をぬう。

あとは袋の口を三つ折りにして縫い、ひもを通せば完成!

年長になるころには靴のサイズアップのため、小さくなってしまいました。
長く使えるので大きめに作っておけばよかったです・・・

Share Button

お弁当用のふた付きタイプのカトラリーケース横型の作り方です。型紙もあります。

お弁当のカトラリーケース(スプーン・フォーク入れ)が1個無くなってしまったので、急遽再作成することに。
なんとなく前回と全く同じのはつまらないので、横型にすることにしました。作り方はほぼ同じです。

DSC_8314

DSC_8315

DSC_8316
ゴムループとボタンで留めます。

DSC_8317
仕切り等はなく、ごちゃっとポケットに入れるだけ。

DSC_8318
銀糸で名前を刺繍しました。

DSC_8319
裏はこんな感じ。表布は綿麻キャンバス、裏は綿ブロード。どちらもしっかりした生地なので薄手の不織布接着芯を貼ったらしっかりしすぎた感じです。でも何も貼らないよりは使いやすそう。もっと薄い生地ならキルト芯のほうがくたっとしないでいいかもしれません。

【材料】
表布、裏布 各25cm×20cmくらい
接着芯 23cm×18cmくらい
ボタン 1個
ループ用ゴム 約7cm
cutlery_case2_01
1)まず寸法を決めます。前回(縦型)と違って、スプーン・フォームそれぞれに入れる場所を決めるのでなく、横から一緒くたに入れるタイプにしようと思います。なので、スプーン・フォーク・箸をくっつけて並べます。
上下は約1cmゆとりを入れます。左右は多少重なって入るので0.5cmずつのゆとりで大丈夫です。
※型紙でサイズがあえばこちらを使うと早いです。
cutlery_case2_02
2)表布、裏布を同サイズで裁ちます。(布の角丸部分は縫ってからカットするのでここでは四角いまま)
ぬいしろは1cmずつなので、幅と長さともに2っcmずつ足してカットします。
ポケット部分と蓋部分の折り返し、ぬいしろに印をつけておきます。(裏側に)
今回はしゃっきり仕上げにしたいので表布裏側に接着芯(角丸にカットしておく)を貼ります。(両面とも硬い生地ならなくてもいいです。ふっくらさせたいならキルト芯を。)

cutlery_case2_03
3)表布の表側に飾りを付けます。(省略化)
名前や模様を刺繍したい場合もこの段階でしたほうがいいです。

cutlery_case2_04
4)アイロンで図のように折り目をつけます。(蓋部分はまだ折らなくてOK)

cutlery_case2_05
5)図のように2枚を中表に合わせます。
cutlery_case2_06
6)ぬいしろ1cmでポケット底部分を残してミシンをかけます。
底角は縫った後にぎりぎりで布をカットします。ふたの角丸はカーブぎりぎりでカットし、いくつか切れ込みを入れておきます。

cutlery_case2_07
7)ぬいしろを折ってアイロンをかけます。裏も同様に。
8)縫い残したポケットの下から表に返します。
9)ポケット口を手でまつり縫いします。
cutlery_case2_08
10)ボタンとゴムを縫いつけ、ふたを止められるようにします。
※髪用のシリコンゴムが余っていたのでそれを使いました。ボタンは娘に選んでもらったところ、「アナ雪!」といって雪の結晶ボタンを選びましたが、つるんとしたボタンのほうが留めやすいです。

前回の縦型の作り方の記事には<カトラリーケース留め方アイディア>もあるのでご参考に!

◆カトラリーケース横型 型紙ダウンロード(PDF)

カトラリーケース横型 型紙[pdf:400kB]
 ※ダウンロードされたファイルにより発生したいかなる不具合にも対応いたしかねますのでご了承ください。
 ※再配布は禁止します。

Share Button

カトラリーケース作りました。作り方の図入り説明あり。お持ちの食器に合わせたサイズで作れます。

お弁当箱とお揃いです。形は色々考えたのですが、(観音開きやランチョンマット型でぐるぐる巻き等が候補にありました)子供にとっての出し入れしやすや、洗濯しやすさ、乾きやすさ等でふた付きポケット型に落ち着きました。)

カトラリーケースふたを開けてみる

カトラリーケースふたを閉じた

表布に接着芯を貼ったほうがよかったな。厚めのキャンバス生地(綿麻)だったのでハリがあると思ったけれど、もう少ししゃきっと感が欲しかった。ぶつかってがちゃがちゃ鳴るのが嫌ならキルト芯を入れても。ただ厚みが出ると乾きづらいので、その辺は好みとさじ加減で。

カトラリーケースふたを完全に開ける

カトラリーを入れるところは3つに分けるため、赤い糸でステッチ。

カトラリーケース入れ口アップ

ポケット部分に綿レースを縫い付け、ゴムテープをはさんで縫いました。カトラリーの入れ口を縫い残しておき、表に返したらまつり縫いしています。

カトラリーケース裏側

裏はこうなってます。

カトラリーケースふたをずらすとこんな感じ

平ゴムもはさんだので、フラップ部分を留めることができます。かわいくない(笑)白の平ゴムです。
ふたの折り返し部分はアイロンでぎゅっと折り目をつけただけですが、端にミシンで縫いとめたほうがぴたっと締まります。(なるべく乾きやすくしたかったので省きました。)

カトラリーケースの作り方

1)入れるカトラリー(箸、フォーク、スプーン等)を並べて、それぞれ約1cm程度の幅(ゆとり)をあけて必要な横幅を決めます(a)。長さは一番長いカトラリー(たぶん箸)にゆとり1cmプラスした長さ(b)にします。
ポケットの長さは柄の長さ+1cm程度のゆとり(c)。蓋の長さはポケットの長さの半分くらいでもいいし、すっぽり全体をおおえる長さでもOK。

<参考:写真の出来上がりサイズ>
長さ(b)17cm、幅(a)8cm、蓋13cm、ポケット(c)10cm

cutlery_case_01 cutlery_case_02

2)表布(接着芯も)、裏布を同サイズで裁ちます。
ぬいしろは1cmずつなので、幅と長さともに2っcmずつ足してカットします。
ポケット部分と蓋部分の折り返しに印をつけておきます。
表布には接着芯を貼っておきます。

cutlery_case_03

3)表布の表側にポケット部分に蓋をとめるためのゴムを重ね、両端を縫いとめます。ゴムの位置はポケット長さ(c)の1/3くらい。

右図は出来上がり参考図。蓋をポケット長さ(c)の半分にした場合。ゴム位置はポケット長さの1/3よりやや上がいいので、布の端からcの1/3弱+1cm(ぬいしろ)にします。
ポケット部分にレースや山道テープなどをつけたい場合はこの段階で縫い付けておきます。

cutlery_case_04

4)アイロンで図のように折り目をつけます。(蓋部分はまだ折らなくてOK)
蓋部分にレース等をつけたいなら図のように縫い付けておきます。

cutlery_case_05

5)図のように2枚を中表に合わせます。

cutlery_case_06

6)ぬいしろ1cmでポケット下部分を残してミシン。ポケットと逆側(蓋部分)の角はまるっこい角にしたければカーブに縫います。角は縫った後にぎりぎりで布をカットしておきます。

cutlery_case_07

7)ぬいしろを折ってアイロンをかけます。裏も同様に。

8)縫い残したポケットの下から表に返します。

cutlery_case_08

9)ポケット口を手でまつり縫いします。

cutlery_case_09

10)カトラリーを仕切る線をステッチします。

cutlery_case_10

完成。

<カトラリーケース留め方アイディア>

蓋のとめやすさ(子供が使う時に)を考慮して、ゴムひもをはさむことにしましたが他にも案があったのでご紹介します。

cutlery_case_11

・スナップボタン(位置によっては留めにくい?)
プラスナップ(同上)
・マジックテープ(これが一番簡単で使いやすいでしょうね)

cutlery_case_12

・ボタンとひもループ
・脇にひもやリボンをはさみ、前で結んで使う
・ひもをぐるぐる回してトグルボタンで留める
etc..

Share Button

上履き入れは滑りのいい撥水生地で作りました

上靴入れ

上靴入れはひも2本で引き絞るタイプにしました。一般的なループに幅広アクリルテープを通すタイプより、小さい子でも使いやすいかな、と思って。

上靴入れ生地アップ

生地も滑りやすいほうが靴の出し入れがしやすいと思ったので撥水ナイロンにしました。レインコートとかに使われるツルツルした生地です。

滑りがいいせいかミシンの目飛びが発生し、縫いづらかったですがすべりの良さは選んで正解だったと思います。

Share Button

あずま袋って何?作り方は?裁断パターンのアレンジもご紹介します。さらに欲しい幅から必要な布分量を自動計算!

シーツやお昼寝用バスタオルを入れるための袋はあずま袋を指定されています。(市販のバッグでもいいけれど、幼児クラスになったら自分で結ぶ練習にもなるので、できれば指定のものを、と。)

あずま袋(寝具入れ)

サイズはやや大きめのほうが結ぶひも部分が長く取れるのでいいです。私は出来上がりサイズで一辺が40cmで作りましたが、乳児クラスではバスタオル2枚+シーツ2枚を入れるので、これでも小さめでした。38〜45cmくらいがいいと思います。

生地は綿ブロードにしました。シーツやバスタオルを出し入れするので、滑りにくい素材は不向き。かといって化繊だと滑り過ぎて結び目がすぐほどけてしまうので、薄めの綿か麻がいいです。

azumabukuro_09シーツやバスタオルには大きく名前タグをつけなければいけないので、それも同じ生地でできるように余分に生地を買っておきました。
(指定されたシーツ用お名前タグは50×40cmの布を二つ折りして、両側に記名し、シーツに縫い付けるというもの。)

シーツ用お名前布

同じ模様の布にしておけば、子供がまだ字が読めないうちでも生地の模様が同じなのは2歳の頃には理解できるので、自分のだと認識できるようになるから。

◆あずま袋の作り方

基本はこんな感じで、一辺の高さ×3倍の幅の布を用意します。

あずま袋の布

真ん中で斜めに折り、端を印通りに縫い合わせます。何年も使うものなのでぬいしろは丈夫になるよう袋ぬいまたは折りふせ縫いで仕上げておきましょう。

あずま袋の作り方

あずま袋、布の裁ち方のパターンアレンジ

写真を見ると分かると思いますが、私は基本的な作り方とは違う裁断をしています。
あずま袋は、真四角と直角三角形でできています。なので、残り布をうまく活用できるように適宜、布の切り方を変えても大丈夫です(布目は無視)。別布を組み合わせてもOK。

例えばこういう組み合わせ。最初の折線で2つに分ける。

あずま袋のカット例

バンダナ3枚を組み合わせてもよし。
はぎれを組み合わせたいならこれでも可。

あずま袋のカット例2

余り布で小さいサイズも作ると、お弁当箱入れやお買い物ごっこにと何かと便利です。同じ布で大小あるとかわいいですよ。


◆あずま袋の布幅計算

欲しい袋の幅を決めてから、必要な布の幅・高さを求めることができます。

azumabukuro_05

まずはあずま袋の形をおさらい。平らにした時の小さな三角形(オレンジ部分)に注目します。
azumabukuro_06

直角三角形なのでこうですよね。
でもルートの計算なんて、電卓使ってもやりたくないですよね。

計算式作っておきました。

1)欲しい袋の幅(a’)が決まっている場合

a’(a)÷√2= b’(四捨五入しています) ※四捨五入前の値)

※結果がNaNになる場合はエラーです。全角数字を使ってないか確認してください。

必要な布の幅は、長さは です。

azumabukuro_07

2)手持ちの布で出来る完成時の底幅(a’)が知りたい場合

b’×√2= a’(四捨五入しています) ※四捨五入前の値

※結果がNaNになる場合はエラーです。全角数字を使ってないか確認してください。

出来上がりの袋底の幅(=高さ)はです。

azumabukuro_08

※単位は割愛していますが、cmを想定しています。
※四捨五入しているのでぴったりこの数字にはなりませんが、ぬいしろ1.5cm以上を取ればズレは気にならないとおもいます。
※極端に大きいものや小さいもの、また四捨五入でのズレが気になる場合は四捨五入前の値を参照してください。
※1)の時の「必要な布の幅」は、四捨五入後の数字を3倍しています。そのためズレが大きくなっています。布はゆとりをもった量をご用意ください。

Share Button

TOP

PAGE TOP