くるみボタンの作り方とコツ

くるみボタンの完成。大と小。

簡単お名前タグにもなるし、はぎれも活用できるくるみボタンの作り方。

はぎれ

はぎれが出たのでまたくるみボタンを作ろっと。

はぎれとくるみボタンキット

(パーツAとBは2つずつ載せてありますが、表と裏を説明するためで、くるみボタンを1個作るのに必要なのはパーツA・B1つずつです。パーツCはシリコン製で作る際の補助、キットについていないものもあります。)

くるみボタンの生地カット

1.型紙の大きさでハギレをカットします。ボタンの位置にどの模様が来て欲しい、というのがあるなら、型紙のまんなかにパーツAを当てて、ドーナツ状にくり抜いた型紙を用意。穴から見える位置に好みの模様がくるようにして、その位置でカット。(作る過程で模様は多少ズレてしまいます)

2.パーツCを置きます(凹んでるほうが上)。1.でカットしたハギレを表側を下にしてパーツCに載せます。(布が浮いていてOK)

3.パーツAの表側(凸側)に薄くまんべんなくボンドを塗ります(省いても構いませんが、私は固定したいので小さなくるみボタン以外は塗ります)。
ハギレの裏側にパーツAの表側が当たるようにして置きます。つまり、A(裏)が上(手前)に来ている状態です。

くるみボタンの作り方

台にボンドを塗ったところ

4.パーツAをパーツCの中にぐっと押し込みます。布にギャザーがよりますが、この時ギャザーがなるべく均一になるようにします。

5.ギャザーを真ん中に寄せ、表の布がピンと貼るように引っ張り、ボンドを付けてまとめます。

くるみボタンの仕上げ

6.パーツBの裏側にボンドを塗り、糸通し穴がついているほうを上(手前)にして5.に押し込みます。(押し込むためのパーツもキットに入っていたのですが紛失。なくても出来ます。)

裏にもボンドを塗る

7.パーツCから外したら完成!

くるみボタン大の完成

小さいくるみボタンや、シリコン台がないキットの場合の作り方のコツはこちら→

こちらのショップでは動画でくるみボタンの作り方が見られます→打ち具もセットになって、お買い得♪くるみボタンキット (打ち具付、足なしタイプ) 29mm 7組入

できたくるみボタンは、もちろん普通にボタンとして使ってもいいんですが、ネームタグとしても使えるんです。

お名前つけグッズ

右側がくるみボタン、左は同じようにさっとつけられるお名前タグ。

できたくるみボタンにお名前スタンプを押して、糸通し穴にゴムをくぐらせて結びます。お名前をつけたいものにゴムをくぐらせたら、お名前付け完了!布の柄があるので、まだ字が読めない子供でも『自分のもの!』って認識しやすくなります。

Share Button

TOP

PAGE TOP